平成18年1月29日 富岡城(攻略2,000城目)


今までに攻略した城址の数々−その4(平成18年1月6日〜平成18年12月31日)
城郭名 攻城日 所在地 備 考
広島城 平成18年1月6日 広島県広島市中区基町 ライトアップされた天守閣の写真を撮る。
鏡山城 平成18年1月8日 広島県東広島市鏡山 二度目の攻城であるが、福原さんの案内で隅から隅まで探索する。
槌山城 平成18年1月8日 広島県東広島市八木松町 あちこちに石垣あり。
土居氏館 平成18年1月8日 広島県東広島市高屋町 白山城の麓にあり、造成により遺構は殆ど残されていないようだった。
白山城 平成18年1月8日 広島県東広島市高屋町 本丸の周囲に帯曲輪をめぐらせている。
頭崎城 平成18年1月8日 広島県東広島市高屋町 比高200mの頭崎山にあり石積み・土塁・竪堀などが残されている
堀ノ城 平成18年1月9日 広島県安芸郡熊野町 本丸への登り口はなく農道の所から直登する。
石井城 平成18年1月9日 広島県安芸郡府中町 宅地化により完全に消滅しており本丸と思われるところに説明板がある。
銀山城 平成18年1月9日 広島県広島市安佐南区 山頂は館跡であり、城址は150mほど南面を下ったところにある。
木ノ宗山城 平成18年1月10日 広島県広島市東区福田 本丸は二段に削平され段差部に石組みがされていた。東側に堀切がある。
恵下山城 平成18年1月10日 広島県広島市安佐北区 城郭大系によると石垣が残されているようだが確認できなかった。
八木城 平成18年1月10日 広島県広島市安佐南区 山頂は楕円形に削平されており西側に土塁らしい盛り上がりがあった。
高松城 平成18年1月10日 広島県広島市安佐北区 登り口がわからない。
伊勢ヶ坪城 平成18年1月10日 広島県広島市安佐北区 東西に連なる連郭式で、登城口が東側にある。
福原城 平成18年1月10日 広島県東広島市福富町 田んぼとなっており、城跡は消滅していた。
御園宇城 平成18年1月10日 広島県東広島市高屋町 本丸は雑木林となっており定かでなかった。
松嶽城 平成18年1月11日 広島県東広島市河内町 南西に口を開いた谷間にあり、農地化により消滅していた。
木村城 平成18年1月11日 広島県竹原市新庄町 本丸は削平されているだけだが南側が櫓台のように少し高くなっていた。
茶臼山城 平成18年1月11日 広島県竹原市西野町 何匹もの犬が放し飼いになっていて襲われる危険があったので断念した。
手島屋敷 平成18年1月11日 広島県竹原市東野町 通りに面して高さ2mほどの石垣が残されていた。
鎮海山城 平成18年1月11日 広島県竹原市竹原町 山頂の本丸は北側が少し高くなっており、石組みが残されていた。
水野土居屋敷 平成18年1月11日 広島県竹原市小梨町 民家となっていたため探索を断念した。
小梨城 平成18年1月11日 広島県竹原市小梨町 主郭はブドウ畑となっており各曲輪の間は空堀によって堀切られていた。
松尾城 平成18年1月11日 広島県東広島市安芸津町 北側に登山口を見つけたが、日没が迫り時間的に無理なので断念する。
野々本城 平成18年1月12日 広島県竹原市吉原町 小川があり直登することができない。
的場城 平成18年1月12日 広島県竹原市竹原町 的場公園として整備されているが遺構らしきものは見あたらなかった。
高崎城 平成18年1月12日 広島県竹原市高崎町 集会場・ミカン撰果場そして国道・指導の造成により殆ど消滅していた。
賀儀城 平成18年1月12日 広島県竹原市忠海床浦 二ノ郭の北側に櫓台のような土塁がある。
高山城 平成18年1月12日 広島県三原市本郷町 攻城1900城目。方向音痴が一人で歩き回るには広い山城であった。
新高山城 平成18年1月13日 広島県三原市本郷町 新幹線陸橋傍にある駐車場の所から登るが、すぐになくなり直登となる。
美可崎城 平成18年1月13日 広島市因島市三庄町 岬の先端にあり、因島八十八ヶ所霊場の一つである金剛福寺がある。
千守城 平成18年1月13日 広島県因島市三庄町 あちこちに石垣があるが、ホンマモンかバッタモンかわからない。
青陰城 平成18年1月13日 広島県因島市中庄町 日暮れが迫り、雨も降っていたので登り口を確認しただけで断念する。
馬神城 平成18年1月14日 広島県因島市重井町 資料によると削平地があるだけだとのことなので登るのを断念する。
青木城 平成18年1月14日 広島県因島市重井町 資料によると削平地があるだけだとのことなので登るのを断念する。
余崎城 平成18年1月14日 広島県御調郡向島町 カーナビがおかしくなり尾道駅に誘導されてしまった。
茶臼城 平成18年1月15日 広島県世羅郡甲山町 東側を除く三方に土塁をめぐらせ南側に虎口が開かれていた。
松岡城 平成18年1月15日 広島県世羅郡甲山町 登り口らしきものがいくつかあるがいずれも途中から直登となる。
平家ヶ城 平成18年1月15日 広島県世羅郡世羅町 金貨銀貨ならぬ一万円札と千円札が枯れ葉に混じっていた。
山口城 平成18年1月15日 広島県世羅郡世羅町 ダム建設により一部破壊されている。
山手城 平成18年1月15日 広島県世羅郡世羅町 張り出した丘の上にあり直登する。
古城山 平成18年1月15日 広島県世羅郡甲山町 山頂に模擬天守閣が見えたので立ち寄りたかった。
隈部館 平成18年1月18日 熊本県鹿本郡菊鹿町 堀切にかかった土橋を渡ると枡形虎口で、石垣造りとなっていた。
芋生城 平成18年1月18日 熊本県鹿本郡鹿北町 墓地の所から登ろうとしたが身の丈を越える竹ヤブで断念。
鷹原城 平成18年1月18日 熊本県玉名郡南関町 町役場の裏山が城跡であるが、ここも登山道がわからず断念する。
井手城 平成18年1月18日 熊本県荒尾市本井町 本丸は周囲に土塁をめぐらせ、権現宮が祀られていた。
梅尾城 平成18年1月18日 熊本県荒尾市府本 自分の居場所がわからず、どの曲輪が何の曲輪か特定できなかった。
日嶽城 平成18年1月19日 熊本県玉名郡岱明町 倒木や木の枝で道が塞がれ手こずっている内にGPSを紛失。
赤崎城 平成18年1月19日 熊本県玉名郡長州町 古城公園として整備され遺構は残されていない。
高道城 平成18年1月19日 熊本県玉名郡岱明町 宅地の中に取り残された畑が城跡であり周辺より2mほど高い。
横島城 平成18年1月19日 熊本県玉名郡横島町 公園や果樹園の造成などにより城跡はほとんど消滅したようだった。
高瀬城 平成18年1月19日 熊本県玉名市高瀬 保田木大明神のあるところが城跡であるが遺構は全く残されていない。
岩野城 平成18年1月19日 熊本県鹿本郡植木町 本丸には祠が祀られているだけで土塁のようなものはないようだった。
内空閑城 平成18年1月19日 熊本県鹿本郡植木町 山頂は雑木や雑草に埋もれていて定かでない。
隈入城 平成18年1月20日 熊本県山鹿市熊入町 山鹿城に向かう途中、「隈入城」の案内を見つけた。
山鹿城 平成18年1月20日 熊本県山鹿市山鹿 清滝神社が城跡であるが宅地化により遺構は全く残されていない。
城ヶ鼻城 平成18年1月20日 熊本県鹿本郡鹿央町 象の鼻のように長く延びた舌状台地の先端にある。
古池城 平成18年1月20日 熊本県菊池市出田 本丸の背後に堀切があるかと思ったが削平地が続くだけだった。
木庭城 平成18年1月20日 熊本県菊池市木庭 木庭地区周辺を探し回ったがわからなかった。
葛原城 平成18年1月20日 熊本県菊池市龍門 残念ながら城跡は開墾により破壊されていた。
鷹取城 平成18年1月20日 熊本県菊池市龍門 本丸はススキとイバラで埋め尽くされていた。
掛幕城 平成18年1月20日 熊本県菊池市原 幾段にも重なる帯曲輪がまるで劇場の観客席のようだった。
元居城 平成18年1月21日 熊本県菊池市重味 分岐点ごとに案内があるものの、城跡近くになると案内がなくなる。
黄金塚城 平成18年1月21日 熊本県菊池市四町分 本丸は東西に細長く西側の北側と南側に土塁が残されていた。
亀ヶ城 平成18年1月21日 熊本県菊池郡旭志村 雨上がりの直登でパンツがびしょぬれとなってしまった。
九万石城 平成18年1月21日 熊本県菊池郡大津町 宅地化により殆ど消滅していたが、主郭部だけが残されていた。
真木城 平成18年1月21日 熊本県菊池郡大津町 東側に堀切らしきもの、西側にハッキリとした堀切が残されていた。
吉田城 平成18年1月21日 熊本県阿蘇郡白水村 上吉田バス停傍の交差点に案内がある。
高森城 平成18年1月21日 熊本県阿蘇郡高森町 高森第4トンネル辺りにあるがハッキリとした場所は特定されていない。
玉岡城 平成18年1月22日 熊本県菊池郡大津町 県道207号線と白川の間にある丘の上にあり遺構は残されていない。
東嶽城 平成18年1月22日 熊本県菊池郡大津町 センサーを設置してまで入山を拒否していたので断念する。
千束城 平成18年1月22日 熊本県菊池郡合志町 登り口はなく直登したいが、竹林が密集しており困難だった。
竹迫城 平成18年1月22日 熊本県菊池郡合志町 公園として整備されているが破壊を最小限にとどめ遺構を残していた。
原口新城 平成18年1月22日 熊本県菊池郡合志町 竹ヤブの中に土塁と空堀が縦横に走っておりどこが本丸かわからない。
今石城 平成18年1月22日 熊本県菊池郡菊陽町 今石神社とその後方の台地が城跡らしいが宅地化により消滅している。
木山城 平成18年1月22日 熊本県上益城郡益城町 空堀や竪堀があるらしいがよくわからなかった。
赤井城 平成18年1月22日 熊本県上益城郡益城町 本丸は一部畑になっていたが、大半は雑草に埋まり定かでない。
千葉城 平成18年1月22日 熊本県熊本市千葉城町 現在NHK熊本支局が城跡である。遺構はないものと思われる。
隈本城 平成18年1月22日 熊本県熊本市古城町 熊本一高のあるところが城跡でありフェンスに沿って土塁があった。
上代城 平成18年1月22日 熊本県熊本市城山上代町 現在城山霊園となっており遺構が残されているか否かはわからなかった。
二瀬本城 平成18年1月22日 熊本県阿蘇郡蘇陽町 山中は暗く直登できる状態ではなかったので途中で断念。
岩尾城 平成18年1月23日 熊本県上益城郡矢部町 本丸は削平されているだけだが、飯櫓跡がわずかながら高くなっていた。
浜の館 平成18年1月23日 熊本県上益城郡矢部町 矢の高校のあるところが館跡であるが、校内の探索はできない。
御船城 平成18年1月23日 熊本県上益城郡御船町 本丸と二ノ丸は東側に土塁跡と思われる盛り上がりがあった。
隈庄城 平成18年1月23日 熊本県下益城郡城南町 山上は長く削平されている。北端に櫓台があり東側に土塁があった。
豊田城 平成18年1月23日 熊本県下益城郡松橋町 北西から南東にかけて細長く削平されており、北西端に堀切がある。
豊福城 平成18年1月23日 熊本県下益城郡松橋町 豊福小学校の南東400mほどの所にある丘の上にある。
竹崎城 平成18年1月23日 熊本県下益城郡松橋町 城跡近くでカーナビが狂いだしどうしても城跡の位置がつかめない。
陣内館 平成18年1月23日 熊本県上益城郡甲佐町 最高所が本丸で東西に細長く削平されており、北側に土塁がある。
竪志田城 平成18年1月23日 熊本県下益城郡中央町 本丸は南北に長く北側が櫓台のように高くなっていた。西側に土塁。
松野原城 平成18年1月23日 熊本県下益城郡中央町 あちこちにそれらしいところがあり特定できなかった。
上土城 平成18年1月24日 熊本県八代郡千丁町大牟田 岩崎神社が城跡であるが、遺構はなく農村公園となっていた。
麦島城 平成18年1月24日 熊本県八代市古城町 市街化および道路の造成により完全に消滅していた。
古麓城 平成18年1月24日 熊本県八代市古麓町 ハンディナビを紛失してしまい直登が無理なので断念する。
千代永城 平成18年1月24日 熊本県八代市日奈久山下町 肥薩おれんじ鉄道の線路が立ちふさがって近寄れない。
野角城 平成18年1月24日 熊本県葦北郡芦北町 登り口はあるが登山道はない。いきなり直登となる。
丸岡城 平成18年1月24日 熊本県球磨郡山江村万江 完全に公園化され曲輪跡が残されているだけとなっている。
山田城 平成18年1月24日 熊本県球磨郡山江村 残念ながら本丸は九州自動車道によって削られ消滅していた。
湯山城 平成18年1月25日 熊本県球磨郡水上村 本丸は周囲に土塁跡と思われる微妙な盛り上がりが残されていた。
湯前城 平成18年1月25日 熊本県球磨郡湯前町下城 東側に二重空堀が延々と続き、神社の南側を通る町道にぶつかっている。
鍋城 平成18年1月25日 熊本県球磨郡多良木町 「ゼ○リ○電子地図」にだまされ、2kmも離れた山をうろつく。
高山城 平成18年1月25日 熊本県球磨郡あさぎり町 西側尾根筋に駐車場があり城跡近くまで車で登ることができる。
上村城 平成18年1月25日 熊本県球磨郡あさぎり町 日没に間に合わなくなるおそれが出たため、残念ながら断念した。
岩城 平成18年1月25日 熊本県球磨郡錦町荒田 周囲は切岸状に岩肌が削られており張り付くこともできない。
赤池城 平成18年1月25日 熊本県人吉市赤池原町 天真寺が城跡である。日没を過ぎているので手早く探索する。
大口城 平成18年1月26日 鹿児島県大口市里 東側から直登できそうだったが遺構情報がないので登らなかった。
鶴田城 平成18年1月26日 鹿児島県薩摩郡さつま町 山頂近くに帯曲輪があり段差部に石積み。南西側尾根に対して堀切。
長岡城 平成18年1月26日 鹿児島県薩摩郡さつま町 高台が城跡だとのことだが柏原地区にそれらしいものが見つからない。
虎居城 平成18年1月26日 鹿児島県薩摩郡さつま町 各曲輪は空堀によって区割りされていた。
山崎城 平成18年1月26日 鹿児島県薩摩郡さつま町 登り口はなく遺構もなさそうだったので直登をパスした。
碇山城 平成18年1月26日 鹿児島県薩摩川内市天辰町 遠景からもわかるが城跡の大半は採掘で削り取られていた。
平佐城 平成18年1月26日 鹿児島県薩摩川内市平佐町 平佐小学校周辺が城跡であるが、市街地下により消滅している。
清色城 平成18年1月26日 鹿児島県薩摩川内市向田町 川内小学校の東側にある山が城跡であり現在は殆どが山林となっている。
串木野城 平成18年1月26日 鹿児島県串木野市上名 宅地化が進み城跡の面影もない。かろうじて堀切跡が忍ばれる。
市来城 平成18年1月26日 鹿児島県日置郡東市来町 東市来中学校の南側にある山にあるが、直登するには広すぎて断念する。
伊集院城 平成18年1月26日 鹿児島県日置郡伊集院町 城山公園として整備され中腹に駐車場があり駐車場手前に堀切があった。
清水城 平成18年1月27日 鹿児島県鹿児島市東坂元 清水中学校が居館あとであり、その裏山が城跡である。
東福寺城 平成18年1月27日 鹿児島県鹿児島市清水町 本丸に碑があり、北側に櫓台のような高台がある。
夏陰城 平成18年1月27日 鹿児島県鹿児島市城山 新興住宅「城山団地」の造成により完全に消滅していた。
内城 平成18年1月27日 鹿児島県鹿児島市大竜町 城跡は周囲より50cm〜1mほど高くなっていた。
上山城 平成18年1月27日 鹿児島県鹿児島市城山町 城山展望台のあるところが城跡で公園として整備されている。
栫城 平成18年1月27日 鹿児島県鹿児島市中山町 東側にある竪堀を登って行くと堀切となっていた。その上が本丸である。
城跡公園 平成18年1月27日 鹿児島県鹿児島市自由ヶ丘 竹の枝が目を直撃。しばらく竹ヤブの中で動けなかった。
千々輪城 平成18年1月27日 鹿児島県鹿児島市下福元町 周辺は道が細く路駐する場所がないのでパスした。
菊池城 平成18年1月27日 鹿児島県鹿児島市上福元町 谷山御所霊園のあるところが城跡であるが、造成され遺構はないようだ。
松尾城 平成18年1月28日 鹿児島県川辺郡川辺町 バス停松尾城の近くに消えかかった標柱があり、そこに登り口がある。
平山城 平成18年1月28日 鹿児島県川辺郡川辺町 城跡まで車で登ることができる。本城は周囲に土塁をめぐらせている。
亀甲城 平成18年1月28日 鹿児島県川辺郡知覧町郡 麓に武家屋敷群が残されており、観光スポットとなっていた。
知覧城 平成18年1月28日 鹿児島県川辺郡知覧町 本丸は周囲に土塁をめぐらせている。
貝殻崎城 平成18年1月28日 鹿児島県日置郡金峰町 国道270号線が大きくカーブしたところに小泉首相が描いた碑がある。
伊作城 平成18年1月28日 鹿児島県日置郡吹上町 本丸である亀丸城は土塁をめぐらせ西側の土塁が他より高くなっていた。
出水城 平成18年1月28日 鹿児島県出水市麓町 いくつかの曲輪が墓地と化し、最上段墓地の上が本丸と思われる。
木之牟礼城 平成18年1月28日 鹿児島県出水郡高尾野町 田んぼの中にポツンとある高台が城跡で、国道3号線から看板が見える。
堂崎城 平成18年1月28日 鹿児島県出水郡長島町 日暮れも過ぎていたので海に浮かぶシルエットしか確認できなかった。
久玉城 平成18年1月29日 熊本県牛深市久玉町 碑の傍に石垣や井戸それに城門の礎石と遺構が保存よく残されていた。
志岐城 平成18年1月29日 熊本県天草郡苓北町 石垣が残されているようだが枯れ草に隠れていたのか確認できなかった。
富岡城 平成18年1月29日 熊本県天草郡苓北町 攻城2000城達成。正直なところガッカリしている。
宮津城 平成18年1月29日 熊本県天草郡五和町 海に面した丘の上にあるが登り口はないように思われた。
御領城 平成18年1月29日 熊本県天草郡五和町 芳證寺が城跡であり、山門を入ったところに標柱が立っていた。
金浜城 平成18年1月29日 熊本県本渡市佐伊津町 宅地化により遺構はなくなっているが南側民家前に石垣が残されていた。
本渡城 平成18年1月29日 熊本県本渡市船之尾町 本丸と思われるキリシタン館の裏に碑があった。
栖本城 平成18年1月29日 熊本県天草郡栖本町 入り口に碑があり本丸は削平されているだけだった。
内野河内城 平成18年1月29日 熊本県上天草市松島町 山頂はシダに埋め尽くされ削平されているらしいが定かでない。
上津浦城 平成18年1月30日 熊本県天草郡有明町 傘をさしながらイバラと格闘するのはつらいものがあるので断念する。
楠甫城 平成18年1月30日 熊本県天草郡有明町 本丸は朽ちかけた社と鳥居があるだけだった。
大矢野城 平成18年1月30日 熊本県上天草市大矢野町 昔は中学校のところに小山があり、そこを本丸とする説もあるらしい。
矢崎城 平成18年1月30日 熊本県宇土郡三角町郡浦 造成により遺構はほとんどないが、海側に土塁が残されていた。
亀鶴城 平成18年1月30日 鹿児島県姶良郡湧水町 雨の中ヤブコキして確認することもできず特定することができなかった。
蒲生城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡蒲生町 町役場に御仮屋門が移築現存していた。
萩峯城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 雨上がりのヤブコキはしたくなかったので登らなかった。
平松城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 重富小学校が城跡であり、北側道路に面して石垣が残されている。
茶臼城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 宅地造成により完全に消滅したものと思われる。
岩剣城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 山を見ただけで登ることができないことを悟る。
諏訪城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 本丸は雑草に隠れて定かでないが堀切側が土塁のように高くなっていた。
建昌城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 縄張図によると数えきれぬほどの曲輪があるが識別できなかった。
島津義弘館 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 南側と東側に石垣が残されている。内側に土塁があり石組みされていた。
城瀬城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 川の向こうにあり登ることができない。
高尾城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 道もなく日没でヤブコキするには遅すぎる時間であり登るのをやめた。
平山城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 道はあるようだが明るい内に戻るのは無理なので断念した。
新城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 尾根の先端部にあり、時間切れで登らなかった。
古城 平成18年2月1日 鹿児島県姶良郡姶良町 コー○か○しま○良商○センターと高台周辺が城跡と思われる。
加治木館 平成18年2月2日 鹿児島県姶良郡加治木町 加治木高校・柁城小学校のあるところが館跡で神社の南側に石垣がある。
桑幡氏館 平成18年2月2日 鹿児島県姶良郡隼人町 宅地化により殆ど遺構はないが宮内小学校正門前に土塁が残されていた。
留守氏館 平成18年2月2日 鹿児島県姶良郡隼人町 保食神社のあるところが館跡であり、境内の西側に土塁が残されている。
上井城 平成18年2月2日 鹿児島県国分市上井 車で登れる道があったが、中腹で車止めされていたのでやめた。
龍虎城 平成18年2月2日 鹿児島県曽於郡財部町 北東側本丸との間に空堀があり、堀底は町道となっていた。
宝珠庵城 平成18年2月2日 鹿児島県曽於郡末吉町 あちこちの杉林に削平地を認めるが特定することができなかった。
末吉城 平成18年2月2日 鹿児島県曽於郡末吉町 南○州畜○興業のあるところが城跡で県道際に碑と説明板がある。
馬場城 平成18年2月2日 鹿児島県曽於郡大隅町 岩川八幡神社のあるところが城跡であるが造成により遺構がわからない。
松山城 平成18年2月2日 鹿児島県曽於郡松山町 4っつの曲輪の内、原形をとどめているのは二ノ丸だけ。
槻野城 平成18年2月2日 鹿児島県曽於郡大隅町 月野小学校のあるところが城跡であり、校門脇に標柱があるだけだった。
蓬原城 平成18年2月2日 鹿児島県曽於郡有明町 本丸は竹ヤブと化しており削平されているだけのようだった。
白寒水城 平成18年2月2日 鹿児島県肝属郡串良町 カーナビに白寒水城なるものを見つけて立ち寄る。
串良城 平成18年2月2日 鹿児島県肝属郡串良町 串良町公民館のあるところが城跡で石垣と堀跡が残されている。
下伊倉城 平成18年2月2日 鹿児島県肝属郡東串良町 広い田んぼが広がり、どこが城跡か特定できなかった。
弓張城 平成18年2月2日 鹿児島県肝属郡高山町 登り口はあるが日没も過ぎ暗くなりかかっているので登らなかった。
年貫城 平成18年2月3日 鹿児島県鹿屋市南町 曲輪は空堀によって堀割されている。
西俣城 平成18年2月3日 鹿児島県鹿屋市南町 山頂は竹ヤブに埋まり定かでないが字の消えかかった碑が残されていた。
梨城 平成18年2月3日 鹿児島県鹿屋市南町 本丸は竹ヤブに覆われ定かでないがL字形に空堀があった。
鳥添城 平成18年2月3日 鹿児島県鹿屋市南町 カーナビに町道が認識されないので特定できなかった。
内城 平成18年2月3日 鹿児島県鹿屋市南町 完全に消滅していた。
茶臼城 平成18年2月3日 鹿児島県鹿屋市南町 現在はすべての曲輪が畑となっていた。
大姶良城 平成18年2月3日 鹿児島県鹿屋市大姶良町 直登したかったが枯れ竹が行く手を阻み進むことができない。
高須城 平成18年2月3日 鹿児島県鹿屋市高須町 空堀があるとのことだが確認できない。
鶴羽城 平成18年2月3日 鹿児島県鹿屋氏花岡町 南側道路に面したところに石垣がある。この石垣はホンマモン?
横山城 平成18年2月3日 鹿児島県鹿児島郡桜島町 桜島の西端にある恐竜公園が城跡であるが、遺構は残されていない。
西原城 平成18年2月3日 鹿児島県曽於郡輝北町 4つ登った山のどれかだと思うが特定できない。
登見城 平成18年2月3日 鹿児島県曽於郡輝北町 削平されているだけで周囲に土塁跡とも思える盛り上がりが認められる。
宮地岳城 平成18年2月4日 福岡県春日市上白水 尾根に沿って列石が登っており、その先に第3水門がある。
水城 平成18年2月4日 福岡県太宰府市水城 セミナーのオプションとして宮地岳城とともに案内してもらう。
大和城 平成18年2月6日 鹿児島県大島郡天城町 徳之島にある。山頂に石垣があるが世界大戦時のトーチカのものだった。
大城 平成18年2月7日 鹿児島県大島郡天城町 登山道と平行にヤブコキをしばらくしていると二重堀切があった。
宮城 平成18年2月7日 鹿児島県大島郡徳之島町 本丸は竹ヤブとなっており、中央に南北に区切る空堀があった。
恒吉城 平成18年2月8日 鹿児島県曽於郡大隅町 各曲輪は堀切によって堀割されていた。
金谷城 平成18年2月8日 宮崎県串間市南方 直登といっても比高はさほどない。海側に土塁のようなものがある。
櫛間城 平成18年2月8日 宮崎県串間市西方 JR日南線によって分断され造成によって削平されて殆ど消滅していた。
湖雲ヶ城 平成18年2月8日 宮崎県南那珂郡南郷町 山の麓との情報を得ていたが特定できなかった。
目井城 平成18年2月8日 宮崎県南那珂郡南郷町 登り口が見つからない。
南郷城 平成18年2月8日 宮崎県南那珂郡南郷町 本丸の海側に土塁跡がある。その下に石組みが残されていた。
梅北城 平成18年2月9日 宮崎県都城市梅北町城下 本丸と思われるところは畑となっていた。
都城領主館 平成18年2月9日 宮崎県都城市姫城町 市役所・明道小学校周辺が館跡であるが、市街地化により消滅している。
祝吉館 平成18年2月9日 宮崎県都城市郡元町 祝吉御所跡史跡公園となっているが、宅地化により遺構はない。
勝岡城 平成18年2月9日 宮崎県北諸県郡三股町 山頂は南北に長く南西側に土塁がある。南側下にも堀切があった。
樺山城 平成18年2月9日 宮崎県北諸県郡三股町 本丸の東側に櫓台のような土塁があり、その下に堀切がある。
梶山城 平成18年2月9日 宮崎県北諸県郡三股町 杉林と竹林に隠れて定かでないがあちこちに空堀があるようだった。
王子城 平成18年2月9日 宮崎県北諸県郡山之口町 山之口小学校のあるところが城跡である。遺構はなさそうだった。
三俣城 平成18年2月9日 宮崎県北諸県郡山之口町 公園として整備され、本丸に模擬天守閣が建っている。
山之口城 平成18年2月9日 宮崎県北諸県郡山之口町 土地の人によると「城山は物見台で城跡ではない。」とのことだった。
石山城 平成18年2月9日 宮崎県北諸県郡高城町 牧場となっており遺構は残されていないようだった。
楠城 平成18年2月10日 鹿児島県熊毛郡上屋久町 屋久島の宮之浦港近くにあり墓地あたりと思われるが特定できなかった。
平家の城 平成18年2月10日 鹿児島県熊毛郡屋久町 なんと登り口を教えてもらうのに17,750円払ったことになる
赤尾木城 平成18年2月10日 鹿児島県西之表市西之表 種子島の西之表市役所近くにある榕城小学校が城跡である。土塁あり。
安永城 平成18年2月11日 宮崎県都城市庄内町 本丸は周囲に土塁をめぐらせており、東側下と西側下に空堀があった。
山田城 平成18年2月11日 宮崎県北諸県郡山田町 遺構は造成によって消失したようだが南側高地に土塁と空堀が残されていた。
野々美谷城 平成18年2月11日 宮崎県都城市野々美谷町 定かでないが神社の境内・雑木林・竹ヤブと連なっていた。
志和池城 平成18年2月11日 宮崎県都城市上水流町 本丸の西側半分は墓地となっていた。土塁が残されている。
岩牟礼城 平成18年2月11日 宮崎県小林市東方 遺構がないのを承知で直登するのはむなしいが、その甲斐はあった。
三山城 平成18年2月11日 宮崎県小林市細野 直登するつもりでヤブに入ったら偶然竪堀の下だった。
小林城 平成18年2月11日 宮崎県小林市真方 本丸は削平されているだけだが、南側に竪堀があった。
飯野城 平成18年2月11日 宮崎県えびの市原田 本丸の北側に土塁と空堀があった。南西側にも空堀がある。
加久藤城 平成18年2月11日 宮崎県えびの市小田 事前情報とカーナビに設定されているポイントにズレがあった。
須木城 平成18年2月12日 宮崎県西諸県郡須木村 民有地らしかったので詳しくはわからないが、土塁と空堀があった。
紙屋城 平成18年2月12日 宮崎県西諸県郡野尻町 入り組んだ農道にカーナビが対応できず近づくことができなかった。
穆佐城 平成18年2月12日 宮崎県東諸県郡高岡町 構えから推察するとどうやらミカン畑のあるところが本丸と思われる。
清武城 平成18年2月12日 宮崎県宮崎郡清武町加納 本丸は民有地となっていたが、奥さんの許しを頂き入らせてもらう。
紫波洲崎城 平成18年2月12日 宮崎県宮崎市青島 公園整備のため立ち入り禁止となっていた。
石塚城 平成18年2月12日 宮崎県宮崎市浮田 空堀が残されているらしいが、日曜日で連絡が取れず確認できなかった。
倉岡城 平成18年2月12日 宮崎県宮崎市糸原 ジャングルのように絡み合った枯れ竹がいかに手強いか思い知らされた。
高岡城 平成18年2月12日 宮崎県東諸県郡高岡町 事前に得た情報と城郭大系の位置情報が異なり、確認できなかった。
鎌田ヶ城 平成18年2月12日 宮崎県東諸県郡国富町 本庄中学校が城跡であるが、城郭大系に記された空堀が確認できない。
木脇城 平成18年2月12日 宮崎県東諸県郡国富町 道がわからず山に近づくことができない。
広瀬陣屋 平成18年2月12日 宮崎県宮崎郡佐土原町 神社のあるところが本丸で、小学校のあるところが二ノ丸と思われる。
石野田城 平成18年2月13日 宮崎県西都市下三財 周囲は雑草に隠れて定かでないが空堀や土塁といったものはない。
東之城 平成18年2月13日 宮崎県西都市都於郡町 教育委員会でいただいた資料によると東之城は都於郡城の一郭であった。
根白坂砦 平成18年2月13日 宮崎県児湯郡木城町椎木 標柱のところから直登となるが、車道から丸見えであり恥ずかしかった。
松山塁 平成18年2月13日 宮崎県児湯郡川南町松山 場所が特定できない。
日智屋城 平成18年2月13日 宮崎県日向市日智屋 堀切の城内側に土塁があり石塁が残されていた。
富高陣屋 平成18年2月13日 宮崎県日向市本町 市役所の南側にある幸福神社のあるあたりが陣屋跡であるが遺構はない。
門川城 平成18年2月13日 宮崎県東臼杵郡門川町 五十鈴小学校の南200mほどにある独立丘のような小山に城跡。
中崎城 平成18年2月14日 宮崎県西臼杵郡日之影町 全面通行止めとなっていて近寄ることができなかった。
仲山城 平成18年2月14日 宮崎県西臼杵郡高千穂町 本丸は東西に細長く東側に城跡碑と説明板がある。
淡路城 平成18年2月14日 宮崎県西臼杵郡高千穂町 道の駅「高千穂」の東側にある山が城跡である。
亀山城 平成18年2月14日 宮崎県西臼杵郡高千穂町 入城口は一ヶ所しかない。もちろん入り口に堀切がある。
井上城 平成18年2月14日 宮崎県延岡市古城町 本丸南西側に堀切があり土橋がかかっていた。北東側にも空堀がある。
西階城 平成18年2月14日 宮崎県延岡市西階町 本丸北東側に二重堀切があり南側にも堀切がある。
松尾城 平成18年2月14日 宮崎県延岡市松山町 舌状台地の先端が本丸であり、二段に削平されていた。
浦尻城 平成18年2月14日 宮崎県延岡市浦城町 到着したのが18時20分過ぎ。もうとっくに日が暮れていた。
小牟礼城 平成18年2月15日 大分県大野郡朝地町 大きく蛇行した川が三方を囲み、残る北側を堀切で断ち切っている。
烏帽子岳城 平成18年2月15日 大分県北海部郡佐賀関町 本丸中央に三山城にあった土塁と同じく円形をした土塁があった。
応当城 平成18年2月15日 大分県大分市上戸次 里人に「案内してやる」と鶴賀城近くに案内されてしまった。
鶴賀城 平成18年2月15日 大分県大分市上戸次 我がカーナビには田舎道を誘導する力が無く近寄ることができなかった。
吉野ヶ里遺跡 平成18年2月16日 佐賀県神埼郡三田川町 「日本名城100選」全制覇、攻城2100城達成。
江迎城 平成18年2月16日 佐賀県三養基郡上峰町 江迎公園のあるあたりが城跡であり、公園の周囲に濠が残されている。
勢福寺城 平成18年2月16日 佐賀県神埼郡神埼町 雨が降っていたので登るのを断念。
横武城 平成18年2月16日 佐賀県神埼郡神埼町横武 複雑に絡み合った水堀があるだけでどこが本丸かわからかない。
姉川城 平成18年2月16日 佐賀県神埼郡神埼町姉川 横武城と同じく複雑に入り組んだ水堀をめぐらせている。
野田城 平成18年2月16日 佐賀県神埼郡神埼町姉川 横武城や姉川城ほどではないが水堀が残されていた。
直鳥城 平成18年2月16日 佐賀県神埼郡千代田町 ここも横武城以上に水堀が張り巡らされていた。
鏡城 平成18年2月17日 大分県大分市竹中 山頂は造成により破壊されており水道設備が櫓台のようにあった。
小岳城 平成18年2月17日 大分県大分市上判田 社殿の裏が城跡であり、観音様のところに碑があった。
松岡城 平成18年2月17日 大分県大分市片島 入り口から見たところでは半分近くが削られているようだった。
桑本館 平成18年2月17日 大分県大分市玉沢 天満神社のあるあたりが舘跡であるが遺構は残されていないようだった。
雄城城 平成18年2月17日 大分県大分市玉沢 雄城台高校が城跡であるが造成により遺構はなくなっている。
賀来氏館 平成18年2月17日 大分県大分市賀来 遺構は道路や宅地の造成により消滅したものと思われる。
守岡砦 平成18年2月17日 大分県大分市曲 守岡小学校が砦跡である。
鶴崎城 平成18年2月17日 大分県大分市鶴崎 堀が残されているとのことだったが確認できなかった。
熊本藩陣屋 平成18年2月17日 大分県大分市鶴崎 鶴崎城のあった鶴崎小学校と鶴崎高校周辺が陣屋跡でもある。
千歳城 平成18年2月17日 大分県大分市千歳 今堤川に面した丘の上にあり千歳児童公園になっていた。
高松陣屋 平成18年2月17日 大分県大分市日岡 日岡小学校のあるところが陣屋跡である。
萩原館 平成18年2月17日 大分県大分市萩原 宅地化により完全に消滅していた。標柱さえなかった。
大友館 平成18年2月17日 大分県大分市顕徳町 今は唯の空き地があるだけだった。
上原館 平成18年2月17日 大分県大分市上野丘西 南側土塁と北側虎口の土塁がわずかに残されている。
尼ヶ城 平成18年2月17日 大分県大分市荏隈 新興住宅地の造成により遺構はないものと思われる。
丸山城 平成18年2月17日 大分県大分市金谷迫 山頂は削平され周囲に土塁をめぐらせていた。
高崎城 平成18年2月17日 大分県大分市神崎 時間がないので急ぎノロシ台の石垣を目指し写真を撮る。
玖珠城 平成18年2月18日 大分県玖珠郡玖珠町 土塁で囲まれた曲輪があちこちにある。
森陣屋 平成18年2月18日 大分県玖珠郡玖珠町森 末広神社が陣屋跡で要所を石垣で固め、西側下に清水御門がある。
角牟礼城 平成18年2月18日 大分県玖珠郡玖珠町 大手門は石垣が組まれており枡形となっていた。
貴船城 平成18年2月18日 大分県別府市野田 教壇の許可無くしては探索もならなかった。
深江城 平成18年2月18日 大分県速見郡日出町 本丸に住吉神社が祀られているだけで、西側に何段かの削平地があった。
杵築城 平成18年2月18日 大分県杵築市杵築 近くだったので立ち寄る。
台山城 平成18年2月18日 大分県杵築市宮司 若宮神社が城跡であるが遺構らしきものは見あたらなかった。
安岐城 平成18年2月18日 大分県東国東郡安岐町 宅地造成により遺構はなさそうだったので、碑があるだけでもよかった。
今市城 平成18年2月18日 大分県東国東郡武蔵町 東城は学校の造成により消滅したが、西城は土塁と空堀が残されていた。
飯塚城 平成18年2月18日 大分県東国東郡国東町 校内に入らせてもらったついでに碑の写真を撮らせてもらった。
富来城 平成18年2月18日 大分県東国東郡国東町 公園に土塁と石垣が残されているとの情報があったが確認できなかった。
岐部城 平成18年2月19日 大分県東国東郡国見町 南側に土塁があり、更に後方の尾根を2本の堀切が断っている。
櫛来城 平成18年2月19日 大分県東国東郡国見町 城山神社のあるところが城跡である。周囲に帯曲輪をめぐらせている。
伊美城 平成18年2月19日 大分県東国東郡国見町 伊美小学校にあるところが城跡であるが遺構はおろか標柱さえない。
竹田津城 平成18年2月19日 大分県東国東郡国見町 本丸の向こう側を車が通っていた。どうやら車が通れる道があるようだ。
屋山城 平成18年2月19日 大分県豊後高田市加礼川 本丸中央に明治10年に建立された巨大な石灯籠が立っていた。
真玉城 平成18年2月19日 大分県西国東郡真玉町 真玉寺のあるところが城跡であり、周囲の堀が残されていた。
豊後高田城 平成18年2月19日 大分県豊後高田市玉津下町 桂陽小学校のあるところが本丸で、公民館に石垣が残されていた。
立石陣屋 平成18年2月19日 大分県速見郡山香町 北部中学校のあるあたりが陣屋跡であるが遺構はない。
龍王城 平成18年2月19日 大分県宇佐郡安心院町 本丸はテレビの中継アンテナが何本も立っていた。
龍王陣屋 平成18年2月19日 大分県宇佐郡安心院町 龍王城の北側麓にあり、石垣が残されていた。
一ッ戸城 平成18年2月20日 大分県下毛郡耶馬渓町 山頂に登ると虎口脇に「一ッ戸城山」の標柱が立っていた。
白米城 平成18年2月20日 大分県下毛郡耶馬渓町 公園として整備されており鉢巻き状の石垣があったがホンマモンか?
妙見嶽城 平成18年2月21日 大分県宇佐郡院内町 香下ダムのところに登山道があるがすぐに消失している。
光岡城 平成18年2月21日 大分県宇佐市赤尾光岡 単郭の城で周囲に空堀をめぐらせ、内側に土塁を築いている。
四日市陣屋 平成18年2月21日 大分県宇佐市四日市 四日市北小学校周辺が陣屋跡であるが市街地化により消滅している。
高森城 平成18年2月21日 大分県宇佐市高森 本丸は竹ヤブに埋まり定かでないが周囲に土塁と空堀が築かれている。
時枝城 平成18年2月21日 大分県宇佐市下時枝 糸口郵便局の向かい側にある駐車場が城跡で、信号機脇に碑があった。
時枝陣屋 平成18年2月21日 大分県宇佐市下時枝 時枝城の北150mほどのところにあり標柱と碑が立っている。
宮熊城 平成18年2月21日 大分県宇佐市宮熊 曲輪との間には土塁と空堀によって区割りされていた。
北大堀御殿山館 平成18年2月25日 千葉県印旛郡酒々井町 北側に大堀切がある。
妙胤寺館 平成18年2月25日 千葉県印旛郡酒々井町 妙胤寺が舘跡であり墓地の四方に土塁が残されていた。更に空堀もある。
本佐倉城 平成18年2月25日 千葉県印旛郡酒々井町 発掘調査見学会に参加する。本丸は立入禁止となっていた。
福原氏館 平成18年3月8日 山口県宇部市中尾 バッタモンと思っていた切込接の石垣がホンマモンと教えられた。
荒瀧城 平成18年3月8日 山口県厚狭郡楠町東吉部 北面に竪堀群があるらしいが雑木林となっていて確認できなかった。
高峰城 平成18年3月8日 山口県山口市上宇野令 最頂部は削平されているだけだが周囲に石垣がある。
長山城 平成18年3月8日 山口県山口市亀山町 亀山公園として整備されているが遺構らしきものは見あたらなかった。
右田ヶ岳城 平成18年3月8日 山口県防府市上右田 登山口がわからない。
敷山城 平成18年3月8日 山口県防府市牟礼 矢筈ヶ岳の八合目(標高315m)にあり、中腹まで車で登ることができる。
沼城 平成18年3月9日 山口県周南市須々万本郷 病院と寺の間に真新しい城主の墓があり、そこに碑と説明板があった。
徳山城 平成18年3月9日 山口県周南市徳山 造成により消滅状態となっておりレストラン岐山の前に説明板があった。
室積台場 平成18年3月9日 山口県光市室積村 北西側を除く三方に石塁をめぐらせ、東側にも石塁があった。
石城山神籠石 平成18年3月9日 山口県熊毛郡大和町 北門には石垣があるらしいが、それらしい石垣は認められなかった。
鞍掛城 平成18年3月9日 山口県玖珂郡玖珂町 わずかに削平された山頂に麓からも見える展望台があった。
朝霞城 平成18年3月9日 山口県玖珂郡錦町 日没が迫っており明るい内に戻れそうになかったので断念する。
祝屋城 平成18年3月9日 広島県大竹市小方 南東側の土塁と主郭のある山頂以外は見事に削平されていた。
宮ノ尾城 平成18年3月10日 広島県佐伯郡宮島町新町 宮島フェリー乗り場の前にある食堂の裏山にある。
高松城 平成18年3月10日 広島県広島市安佐北区可部町 上へ上へとただひたすら汗をかきながら登る。
吉川元春館 平成18年3月10日 広島県山県郡豊平町海応寺 南側に空堀があり東側に石垣がある。吉川元春の墓が残されていた。
吉川氏城館 平成18年3月10日 広島県山県郡豊平町海応寺 日野山城への登り口を探して走り回っていたら偶然見つけてしまった。
日野山城 平成18年3月10日 広島県山県郡大朝町新庄 道があるのかも知れないが膝上に積もった雪でわからない。
小倉山城 平成18年3月11日 広島県山県郡大朝町新庄 本丸は二段に削平され2棟の掘立柱跡があった。
駿河丸城 平成18年3月11日 広島県山県郡大朝町大朝 本丸は三角形に削平されており、西側に土塁が築かれていた。
日野原城 平成18年3月11日 広島県安芸高田市美土里町 その入り口がわからない。里人に聞いても一人一人云うことが違う。
牛首城 平成18年3月11日 広島県安芸高田市高宮町 大きく蛇行している川によって三方が囲まれている。
猿掛城 平成18年3月11日 広島県安芸高田市吉田町 本丸は南北に細長く北側が櫓台のように高くなっていた。
宮の城 平成18年3月11日 広島県安芸高田市吉田町 宮の城信号にある独立丘の上にあり埃の宮神社の境内が城跡である。
桂城 平成18年3月11日 広島県安芸高田市吉田町 国道54号線のバス停桂峠のところに案内図がある。
鈴尾城 平成18年3月11日 広島県安芸高田市吉田町 毛利元就伝生誕地としての碑と説明板がある。
巌屋城 平成18年3月12日 広島県安芸高田市甲田町 雨が降っており、すべる登山道を傘をさしながら登るのは無理であった。
五龍城 平成18年3月12日 広島県安芸高田市甲田町 橋のたもとに説明板があり登り口があった。
長見山城 平成18年3月12日 広島県安芸高田市甲田町 直登するほどの遺構がなさそうだったのでやめた。
吉田陣屋 平成18年3月12日 広島県安芸高田市吉田町 城郭大系によると堀の名残が認められるとあるがわからなかった。
米山城 平成18年3月12日 広島県東広島市志和町 登り口がない。雨上がりのヤブコキはしたくなかった。
曽場ヶ城 平成18年3月12日 広島県東広島市八本松町 心臓に爆弾を抱えた超方向音痴が2kmを越える山道を登ってしまった。
川之江陣屋 平成18年3月13日 愛媛県四国中央市川之江町 川之江八幡宮の周辺が陣屋跡で境内に一橋陣屋門が移築現存している。
畠山城 平成18年3月13日 愛媛県四国中央市川之江町 塩竃神社のあるところが城跡で南北に細長く削平されている。
渋柿城 平成18年3月13日 愛媛県四国中央市土居町 登り口がない。比高200mの嶮しい直登は無理がある。
新居大島城 平成18年3月13日 愛媛県新居浜市大島 南端は海に面し先端部は堀切られ櫓台のようになっていた。
岡崎城 平成18年3月13日 愛媛県新居浜市郷 山頂は2段に削平されており、高い方が本丸で低い方が二ノ丸らしい。
金子山城 平成18年3月13日 愛媛県新居浜市萩生 城跡近くに道があるはずなのだがカーナビが認識せず近寄れない。
生子山城 平成18年3月13日 愛媛県新居浜市種子川山 山頂は南北約24m、東西約12mほどに削平されているだけだった。
今治城 平成18年3月14日 愛媛県今治市通町 休養日だが、ホテルの部屋掃除の間の時間つぶしに訪れる。
甘崎城 平成18年3月15日 愛媛県今治市上浦町 通い船がないので渡ることができない。
明日城 平成18年3月15日 愛媛県越智郡大三島町 山頂の破壊が著しくドコモの無線中継設備があるだけだった。
御串城 平成18年3月15日 愛媛県越智郡大三島町 本丸はシダに埋まり定かでないが削平されているだけのようであった。
台城 平成18年3月15日 愛媛県越智郡大三島町 台海水浴場の南側にある双コブ山が城跡であるが、登り口がわからない。
能島城 平成18年3月15日 愛媛県越智郡宮窪町 渡る船がないので行くことができない。
来島城 平成18年3月15日 愛媛県今治市来島 渡し船はあったが待ち時間が2時間近くあったのでやめた。
世田山城 平成18年3月15日 愛媛県今治市河原津 笠松山と世田山の間にある山が本丸である。
土居城 平成18年3月16日 愛媛県西条市中野丙 民家となっているため詳細はわからないが北側と東側に石垣がある。
横山城 平成18年3月16日 愛媛県西条市中野丙 雨が降っていなくても躊躇する険しさであり直登できなかった。
日高山城 平成18年3月16日 愛媛県松山市中村 老人ホーム高縄荘の駐車場脇を150mほど登ったところに登り口。
柴尾城 平成18年3月16日 愛媛県松山市猪木 ヒナ段状に削平され、段差部には見事な石垣がある。
名石山城 平成18年3月16日 愛媛県松山市本谷 鉄塔から先はヤブコキで土砂降りの雨の中では進むことができなかった。
恵良山城 平成18年3月16日 愛媛県松山市上難波 ミカン畑の道を探し回ったが登山口が見つけられなかった。
雌甲城 平成18年3月17日 愛媛県北条市善応寺 二重掘切になっているものと思われる。南側が竪堀となっていた。
雄甲城 平成18年3月17日 愛媛県北条市善応寺 山頂は細長く削平されており東端に掘切があった。攻城2200城達成。
高穴城 平成18年3月17日 愛媛県北条市横谷 どうやらまたしてもゼ○リン電○地図の情報にだまされたらしい。
宅並山城 平成18年3月17日 愛媛県北条市小川 新興住宅地の南端に登山口があるが遺構もないようなので登らなかった。
港山城 平成18年3月17日 愛媛県松山市港山町 登り口がない。湊三嶋神社から直登できそうであったが禁止されていた。
明沢城 平成18年3月17日 愛媛県松山市泊町 フェリー乗り場から目の前にある興居島に渡る。在城時間4分だった。
惣那山城 平成18年3月17日 愛媛県松山市北吉田町 浄化センターの裏山にあり南西側から直登する。職員に監視される。
高井城 平成18年3月17日 愛媛県松山市高井町 宅地化により消滅してしまったものか特定できなかった。
小松陣屋 平成18年3月18日 愛媛県周桑郡小松町 仏心寺のあるところが陣屋跡らしいが遺構らしきものはなかった。
名越城 平成18年3月18日 愛媛県温泉郡川内町河之内 登山口がわからない。直登できる比高ではなかった。
衣掛城 平成18年3月18日 愛媛県温泉郡重信町山之内 登山口がわからない。直登できる比高ではなかった。
小手ヶ滝城 平成18年3月18日 愛媛県温泉郡川内町井内 雨の降る中のヤブコキはしたくなかった。
花山城 平成18年3月18日 愛媛県温泉郡重信町上林 登り口はないが、雨が降っていなければ北側から直登できそうだった。
荏原城 平成18年3月18日 愛媛県松山市恵原町 周囲に堀と土塁をめぐらせた方形単郭で四隅が櫓台のようになっていた。
千里城 平成18年3月19日 愛媛県伊予郡砥部町川登 本丸は東西に細長く削平されており、北側に土塁が残されていた。
黒山城 平成18年3月19日 愛媛県喜多郡内子町石畳 カーナビが反乱を起こし、どうしても黒山城に誘導してくれない。
龍王城 平成18年3月19日 愛媛県喜多郡五十崎町古田 所在地がわからず歴史民俗資料館に行くと、そこが城跡だった。
萩森城 平成18年3月19日 愛媛県八幡浜市大平 本丸は2段に削平され、上段に送電用鉄塔が立っている。
飯山城 平成18年3月19日 愛媛県西予市三瓶町垣生 複雑なミカン畑の道をカーナビの助けなくしては登ることができない。
朝立城 平成18年3月19日 愛媛県西予市三瓶町朝立 場所が特定できない。
松葉城 平成18年3月19日 愛媛県西予市宇和町下松葉 道はあるがシダに埋まり、山頂近くになると道もなくなり直登となる。
三滝城 平成18年3月20日 愛媛県西予市城川町窪野 道はあるが倒木や張り出した枝が道を塞ぎ、切り開きながら進んだ。
甲ヶ森城 平成18年3月20日 愛媛県西予市城川町土居 北端に掘切がある。腰曲輪と本丸の間にも掘切があった。
鳥屋ヶ森城 平成18年3月20日 愛媛県北宇和郡鬼北町 北東側の土塁は櫓台のようであった。
金山城 平成18年3月20日 愛媛県北宇和郡三間町 道はあるが行かせたくないように倒木につぐ倒木が行く手を阻む。
吉岡山城 平成18年3月21日 愛媛県北宇和郡吉田町 ミカン畑となっており、中央に石塁が1本残されていた。
石城 平成18年3月21日 愛媛県北宇和郡吉田町 麓にいた老人に登り口を聞くと、「そんなものはない」とのことでした。
吉田藩陣屋 平成18年3月21日 愛媛県北宇和郡吉田町 石城の南麓にあり、現在は宅地化によって面影はない。
犬尾城 平成18年3月21日 愛媛県北宇和郡吉田町 本丸南端に腰曲輪があり、段差部に石組みが残されていた。
宇和島城 平成18年3月21日 愛媛県宇和島市丸の内 何度か訪れているが、高解像写真を撮るために立ち寄る。
天ヶ森城 平成18年3月21日 愛媛県北宇和郡津島町 またしてもミスを犯してしまい、隣の山に登ってしまう。
常盤城 平成18年3月22日 愛媛県南宇和郡城部町甲 東西に連なる連郭式で本丸の西側に二ノ丸があり、間に掘切があった。
猿越城 平成18年3月22日 愛媛県南宇和郡一本松町 疲れが溜まったか雨が降っている中を登るのに気が進まず断念。
平田城 平成18年3月22日 高知県宿毛市平田町戸内 城郭大系の標高と違っていたが、載っていた写真の山に間違いない。
大岐城 平成18年3月22日 高知県土佐清水市大岐 城郭大系に標高が記されていなかったので特定できなかった。
羽生城 平成18年3月22日 高知県中村市羽生小路 現在は墓地となっており遺構もないとのことだったので登らなかった。
久礼城 平成18年3月23日 高知県高岡郡中土佐町 本丸は東西に長く削平され、ここも周囲に土塁をめぐらせていた。
西山城 平成18年3月23日 高知県高岡郡中土佐町 山肌がむき出しで薬研堀の掘切と竪堀がくっきりと表れていた。
土佐藩砲台 平成18年3月23日 高知県須崎市中町 西浜公園が砲台跡で、土塁と石垣が残されている。
岡本城 平成18年3月23日 高知県須崎市池ノ内 須崎斎場のところから登れそうだったが工事中でできなかった。
須崎城 平成18年3月23日 高知県須崎市原町 南北に長く削平されており東側に土塁がある。
土岐城 平成18年3月24日 高知県高岡郡日高村 本丸は南側と西側に土塁があり、西側の土塁は高く3mくらいあった。
佐川城 平成18年3月24日 高知県高岡郡佐川町 トンネル近くから直登しようと思ったら工事中で車を停められない。
吉良城 平成18年3月24日 高知県吾川郡春野町 山裾に道らしいものが見えるのだがそこに近づくことができなかった。
和田西城 平成18年3月24日 高知県土佐郡土佐町和田 山頂は南北に長く削平され両端に土塁がある。
和田城 平成18年3月24日 高知県土佐郡土佐町和田 本丸は三方に土塁をめぐらせ、曲輪内に和田若狭守之墓があった。
田井古城 平成18年3月24日 高知県土佐郡土佐町 直登できそうなところがあったが「立入禁止」になっていた。
本山城 平成18年3月24日 高知県長岡郡本山町 日も暮れ暗くなってしまったのでよくわからなかった。
古井の森城 平成18年3月25日 高知県土佐郡土佐山村中切 山頂には北西側と南東側に土塁のような盛り上がりが認められる。
長浜城 平成18年3月25日 高知県高知市長浜 道はあるといえばあるが殆どわからない状態になっていた。
花熊城 平成18年3月25日 高知県高知市介良乙 主郭に土塁をめぐらせており、北側に二ノ郭がある。
大津城 平成18年3月25日 高知県高知市大津 道はあれど半分ヤブコキ状態となっていた。
深淵城 平成18年3月25日 高知県香美郡野市町 野市ふれあい広場が城跡らしいが造成され、遺構は全く残されていない。
香宗我部城 平成18年3月25日 高知県香美郡野市町 わずかに土塁の一部が残されているだけだった。
烏ヶ森城 平成18年3月25日 高知県香美郡土佐山田町 中間のコブを越えたところで道がなくなりヤブコキとなる。
山田城 平成18年3月25日 高知県香美郡土佐山田町 いきなり空堀に出る。そしてその土塁を越えるとさらに深い空堀がある。
比江城 平成18年3月25日 高知県南国市比江 本丸の南側に虎口があり土塁が残されていた。
猪野々城 平成18年3月26日 高知県香美郡香北町 本丸は細長く削平されており、北西側(掘切の上)に土塁がある。
永瀬城 平成18年3月26日 高知県香美郡香北町永瀬 登り口がわからない。直登するには比高がありすぎるので断念する
永野城 平成18年3月26日 高知県香美郡香北町 永野郵便局あたりにあると思われるが宅地化や農地化により定かでない。
吉野城 平成18年3月26日 高知県香美郡香北町 仁井田神社の辺りが城跡と思われるが特定できない。
狭間城 平成18年3月26日 高知県香美郡香北町 教育委員会で教えてもらいたかったが日曜日ではそれもできない。
五百蔵城 平成18年3月26日 高知県香美郡香北町五百蔵 畑に来られた人に声を掛け聞いてみると「ここだ」と教えてくださった。
城山 平成18年3月26日 高知県香美郡夜須町 尼森城の所在を探しているときに城山を見つける。
尼森城 平成18年3月26日 高知県香美郡夜須町 山裾を民家が立ちふさがっており直登することができない。
下夜須城 平成18年3月26日 高知県香美郡夜須町 夜須中学校の東750mほどのところにある。
雪ヶ森城 平成18年3月26日 高知県香美郡土佐山田町 疲れが酷く、もうどうでもよくなっていた。登る気力がなくなっていた。
佐喜浜城 平成18年3月26日 高知県室戸市佐喜浜町 高知県最後の攻城であり登りたかったが疲れも溜まっていたので断念。
吉田城 平成18年3月27日 徳島県海部郡海部町 山の先にまた山と連なりどの山かわからないので断念し下山した。
牟岐城 平成18年3月27日 徳島県海部郡牟岐町 土塁が残されているとのことだったがわからなかった。
仁宇城 平成18年3月27日 徳島県那賀郡鷲敷町 西側に空堀跡がある。本丸は削平されているだけで社が祀られていた。
野々島城 平成18年3月27日 徳島県阿南市椿泊町 野々島にあるが、渡し船がないため近づくことができなかった。
桑野城 平成18年3月27日 徳島県阿南市桑野町 満福寺のあるところが城跡であるが、遺構は全く残されていない。
本庄城 平成18年3月27日 徳島県阿南市長生町 南東側と南西側に土塁が残されている。
西方城 平成18年3月27日 徳島県阿南市長生町 東側麓にある八幡神社より直登する。
牛岐城 平成18年3月27日 徳島県阿南市友岡町 公園整備という名の破壊により遺構は全く残されていない。
平島館 平成18年3月27日 徳島県那賀郡那賀川町 田んぼや宅地化により遺構は消滅していたが土塁の一部が残されている。
櫛淵城 平成18年3月27日 徳島県小松島市櫛淵町 民家らしい建物があったので直登しなかった。
立江城 平成18年3月27日 徳島県小松島市立江町 社殿の慢性側に土塁があり、北西側に掘切があった。
金磯砲台 平成18年3月27日 徳島県小松島市小松島町 到着したときには既に日没を過ぎ、足下が暗くなりつつあった.
矢野城 平成18年3月28日 徳島県徳島市国府町 西側に三日月状の空堀があった。
土佐泊城 平成18年3月28日 徳島県鳴門市鳴門町 大毛島の南端にある岬の先端にあり、南海病院の裏山が城跡である。
撫養城 平成18年3月28日 徳島県鳴門市撫養町 土佐泊城の遠景写真を撮りに寄ったが桜の木が邪魔で撮れなかった。
木津城 平成18年3月28日 徳島県鳴門市撫養町 何も遺構が残されていないとなっていたのに畝状竪堀群があった。
住吉城 平成18年3月28日 徳島県板野郡藍住町 住宅地となっており城跡は消滅していた。
板西城 平成18年3月28日 徳島県板野郡板野町 ここも宅地化により消滅していた。民家脇に説明板と碑がある。
鳥坂城 平成18年3月28日 徳島県名西郡石井町 本丸は竹ヤブ化しておりヤブコキに躊躇。突然の激しい雷雨に下山。
河辺寺城 平成18年3月29日 徳島県吉野川市鴨島町 城跡は雑草や竹ヤブに隠れて定かでない。
上桜城 平成18年3月29日 徳島県吉野川市川島町 本丸は尾根にあるコブの上にあり、西側に櫓台がある。
広永城 平成18年3月29日 徳島県板野郡吉野町 阿波高校のあるところが城跡であり、遺構は残されていない。
秋月城 平成18年3月29日 徳島県板野郡土成町 神明池のところにある墓地が城跡で、周囲に空堀の名残があった。
切端城 平成18年3月29日 徳島県阿波郡市場町 周辺は農地や宅地化により遺構は残されていない。
山野上城 平成18年3月29日 徳島県阿波郡市場町 尊光寺があるところが城跡であるが、遺構は確認できなかった。
日開谷城 平成18年3月29日 徳島県阿波郡市場町 陽のある内にUターンできるところまでバックしないと下りられない。
松永城 平成18年3月29日 徳島県阿波郡市場町 日没により登るのを断念する。
伊沢城 平成18年3月30日 徳島県阿波郡阿波町 畑や宅地化により城跡は消滅していた。
井上城 平成18年3月30日 徳島県麻植郡山川町 城跡は畑となっていた。その中に城主の墓が残されていた。
三谷城 平成18年3月30日 徳島県美馬郡穴吹町 神社の上300m、標高120mのところに目星となる池がわからない。
脇城 平成18年3月30日 徳島県美馬郡脇町 北側先端に登り口はあるが、道があるのかないのかわからない。
岩倉城 平成18年3月30日 徳島県美馬郡脇町 登り口がわからない。
池田城 平成18年3月30日 徳島県三好郡池田町 池田幼稚園の東側にある床下に石垣が残されていた。
白地城 平成18年3月30日 徳島県三好郡池田町 宿泊施設「かんぽの宿」として造成され遺構は残されていない。
獅子の鼻城 平成18年3月31日 香川県三豊郡豊浜町 登山道があることはあるが背丈ほどもあるシダに埋もれていた。
九十九山城 平成18年3月31日 香川県観音寺市室本町 登り口が見つからない。直登するには手強そうだったので断念する。
仁尾城 平成18年3月31日 香川県三豊郡仁尾町 覚城寺のあるところが城跡であり、山門下に碑が立っている。
詫間城 平成18年3月31日 香川県三豊郡詫間町 密集した竹ヤブと化しており、とてもヤブコキできる状態ではなかった。
爺神山城 平成18年3月31日 香川県三豊郡高瀬町 イバラの群生地でもあり容易に進むことができない。
麻城 平成18年3月31日 香川県三豊郡高瀬町 案内に従って登ると城跡そばまで車で登ることができる。
多度津城 平成18年3月31日 香川県仲多度郡多度津町 本丸には使われなくなった遊戯施設が残されているだけであった。
天霧城 平成18年3月31日 香川県仲多度郡多度津町 日暮れまでに戻れそうになかったので明日出直すことにする。
仲村城 平成18年3月31日 香川県善通寺市中村町 畑の中にポツンとある景政神社のある周辺が城跡である。
鷺井城 平成18年3月31日 香川県善通寺市吉原町 周囲に濠がめぐらされ、更にその外側に土塁と外濠跡があった。
天霧城 平成18年4月1日 香川県仲多度郡多度津町 本丸の北側に二ノ丸・三ノ丸と連郭式に連なり、その下に掘切があった。
甲山城 平成18年4月1日 香川県善通寺市善通寺町 山頂は2段に削平され、中央が櫓台のように高くなっていた。
垂水城 平成18年4月1日 香川県丸亀市垂水町 淨楽寺のあるところが城跡である。北西側に土塁の名残がある。
羽床城 平成18年4月1日 香川県綾歌郡綾南町 西側に登り口はあるが何本もの倒木が重なり合っており道を塞いでいる。
鷲ヶ山城 平成18年4月1日 香川県綾歌郡国分寺町 カーナビは田舎道に対応していないので山に近づくことができない。
堂山城 平成18年4月1日 香川県綾歌郡国分寺町 ここもカーナビが誘導してくれないので山に近づくことができなかった。
朝日山城 平成18年4月1日 香川県三豊郡高瀬町 南側に模擬天守が資料館として建っていた。攻城2300城達成。
丸亀城 平成18年4月2日 香川県丸亀市一番町 いつ見ても、石垣の美しさは変わらない。
引田城 平成18年4月3日 香川県東かがわ市引田 北ノ郭には西側下に城内で一番古い石垣が残されていた。
虎丸城 平成18年4月3日 香川県東かがわ市水主 林道からの登り口が見つからない。直登できる山ではなかった。
池内城 平成18年4月3日 香川県さぬき市長尾名 中央の曲輪と北側の曲輪との間に掘切がある。
昼寝城 平成18年4月3日 香川県さぬき市前山 途中で道がなくなり、谷越えではヤブコキも自信がなく断念する。
六車城 平成18年4月3日 香川県さぬき市大川町 東西2段に削平されており、間に掘切があった。
雨滝城 平成18年4月3日 香川県さぬき市津田町 尾根上を一直線に登ると掘切がある。
星ヶ城 平成18年4月4日 香川県小豆郡内海町 島の山と云うことで高をくくっていたが800mを超える高さに驚く。
安田城 平成18年4月4日 香川県小豆郡内海町 市街化で城跡は消滅しており、JA香川県安田支所に説明板がある。
城山 平成18年4月4日 香川県小豆郡池田町 山頂は削平されているだけで、中継アンテナの鉄塔が立っていた。
高見山城 平成18年4月4日 香川県小豆郡土庄町 バッタモンと思われる石垣の天守台がある。
土庄陣屋 平成18年4月4日 香川県小豆郡土庄町 遺構は残されておらず、小学校の片隅に碑が立っているだけであった。
八栗城 平成18年4月4日 香川県木田郡牟礼町 八栗山中腹にある八栗寺が城跡で墓地のあるところが本丸でとされる。
楪城 平成18年4月5日 岡山県新見市上市 登り口がわからず、雨の中登るには気が進まなかった。
新見城 平成18年4月5日 岡山県新見市新見 東西に連なる連郭式で、大きく3段に削平されていた。
柏城 平成18年4月5日 岡山県新見市法曹 登り口がわからない。というより山に近づけない。
城山城 平成18年4月5日 岡山県新見市足見字東組 比高はさほど無いが雑木林であり傘をさしてヤブコキはできない。
高鶴部城 平成18年4月5日 岡山県上房郡北房町 さっきまで降っていたので体中がびしょ濡れで撤退した。
井尾城 平成18年4月5日 岡山県上房郡北房町 宅地化や畑化しており特定できなかった。
飯ノ山城 平成18年4月5日 岡山県上房郡北房町 近づくことさえできない山奥にあった。
佐井田城 平成18年4月5日 岡山県上房郡北房町 山頂には本丸である一ノ壇があり、城山神社が祀られていた。
荒木城 平成18年4月6日 岡山県上房郡北房町 北側のコブは中央のコブとの間に3段の削平地がある。
丸山城 平成18年4月6日 岡山県上房郡北房町 道はなく山頂は広域であり直登を断念する。
西山城 平成18年4月6日 岡山県阿哲郡哲西町 中腹から道が無くなり直登となるが登るに従って雑木が増えてくる。
軽尾城 平成18年4月6日 岡山県川上郡備中町 虎口のところを曲がると土を掘っているタヌキがいた。
紫城 平成18年4月6日 岡山県川上郡備中町 民家が立ちふさがって登ることができなかった。
国吉城 平成18年4月6日 岡山県川上郡川上町七地 北側堀切の上に土塁が残されている。
成羽陣屋 平成18年4月6日 岡山県川上郡成羽町 国道313号線に面したところに石垣がある。
古和田城 平成18年4月7日 岡山県上房郡賀陽町 笹藪に隠れて定かでないが遺構はなさそうであった。
鍛冶山城 平成18年4月7日 岡山県岡山市大井 北側竹ヤブの下に3重の堀切があり畝状竪堀となっていた。
妙福寺城 平成18年4月17日 岡山県井原市芳井町 本殿裏が本丸で石垣の櫓台が残され周囲が空堀のようになっている。
米持城 平成18年4月17日 岡山県井原市東江原町 崩落により切岸状態にあるため登ることができなかった。
小笹丸城 平成18年4月17日 岡山県小田郡美星町 本丸北側に土塁があり、その下に竪堀があった。
金黒山城 平成18年4月17日 岡山県小田郡美星町 本丸は笹に埋もれ、北側土塁の下には3本の掘切が残されていた。
鴨方城 平成18年4月17日 岡山県浅口郡鴨方町 本丸のすぐ下の削平地には石組みされた井戸が残されている。
鴨方陣屋 平成18年4月17日 岡山県浅口郡鴨方町 「かもがた町屋公園」が陣屋跡であるが遺構は全く残されていない。
杉山城 平成18年4月17日 岡山県浅口郡鴨方町 車で登るにはチョッと狭すぎるし、歩いて登るには時間が足りない。
西知山城 平成18年4月17日 岡山県浅口郡鴨方町 登り口がわからない。里人に聞くが城跡の存在すら知らなかった。
安芸守山城 平成18年4月17日 岡山県浅口郡鴨方町 西知山城の真向かいにある山が城跡であるが登り口がわからない。
猿掛城 平成18年4月17日 岡山県小田郡矢掛町横谷 登り口がわからず、日没を過ぎているため直登ができない。
浅尾陣屋 平成18年4月18日 岡山県総社市門田 社の後ろに櫓台のようなものがあり、土塁や空堀があった。
長良山城 平成18年4月18日 岡山県総社市窪木 社殿の裏に麓からも見ることができる石垣が残されていた。
冠山城 平成18年4月18日 岡山県岡山市下足守 本丸は雑草に隠れて定かでないが、2段に削平されている。
辛川城 平成18年4月18日 岡山県岡山市西辛川 本丸は雑木と竹に隠れて定かでないが北側に枡形虎口がある。
福山城 平成18年4月18日 岡山県都窪郡山手村 前回同様今回も墓地を見つけることができず登ることができなかった。
幸山城 平成18年4月18日 岡山県都窪郡山手村 福山城の下山途中、日暮れにはまだ少し時間があるので立ち寄る。
生坂陣屋 平成18年4月18日 岡山県倉敷市生坂 東雲院が陣屋跡であるが、遺構は残されていないようだった。
早島陣屋 平成18年4月18日 岡山県都窪郡早島町 南側にある小学校駐車場に石橋の架かった堀の一部が残されていた。
下津井城 平成18年4月19日 岡山県倉敷市下津井 北側に天守台があるだけで西ノ丸との間に土橋のかかった掘切がある。
本太城 平成18年4月19日 岡山県倉敷市児島塩生 北西側下に石垣がわずかに残されていた。
天城陣屋 平成18年4月19日 岡山県倉敷市藤戸町 山上は城郭とは思われない状態で、北東側に廣田神社が祀られていた。
片岡城 平成18年4月19日 岡山県児島郡灘崎町 3m先しかわからない竹ヤブを方向音痴のわたしがヤブコキしている。
八浜城 平成18年4月19日 岡山県玉野市八浜町 南側に空堀と土塁がある。両端の掘切とつながっていた。
妹尾城 平成18年4月19日 岡山県岡山市妹尾 陣屋の井戸が残されているだけのようだった。
高取山城 平成18年4月20日 岡山県岡山市長沼 本丸の南側にも掘切があるらしいがイバラとの格闘に敗れる。
新庄山城 平成18年4月20日 岡山県岡山市寺山 本丸は削平されているだけで社が祀られていた。
徳倉城 平成18年4月20日 岡山県岡山市御津町 登りにかいた汗が強風にあおられ体温を奪われるので早々に下山した。
北曽根城 平成18年4月20日 岡山県和気郡和気町 連山となっており、7つのコブの内のどのコブが城跡かわからない。
松山城 平成18年4月20日 岡山県備前市東片上 本丸は周囲に土塁をめぐらせていた。
茶臼山城 平成18年4月20日 岡山県備前市西片上 茶臼山公園として整備され、城跡まで車で登ることができる。
三石城 平成18年4月21日 岡山県備前市三石 本丸は3段に削平されており東側を除く三方に土塁をめぐらせていた。
東山城 平成18年4月21日 岡山県和気郡吉永町 標高がわからないためどの山に城跡があるのか特定できなかった。
医王山城 平成18年4月21日 岡山県和気郡吉永町 登山道があるわけではないので南西側から尾根に沿って直登する。
八王子城 平成18年4月22日 東京都八王子市高尾町 かずさんのオフ会に参加。
淨福寺城 平成18年4月22日 東京都八王子市高尾町 千手観音といわれるほどに延びた尾根のあちこちに掘切がある。
小田野城 平成18年4月22日 東京都八王子市高尾町 時間に余裕があったので立ち寄る。解散後遠征を継続。
一ノ瀬城 平成18年4月23日 岡山県久米郡旭町 北西側に登山口があり標柱が立っていた。そのすぐ上に二重掘切がある。
大植城 平成18年4月23日 岡山県久米郡久米南町 それらしい削平地はあるが特定できなかった。
江原城 平成18年4月23日 岡山県久米郡旭町 里人にと登り口を聞くと、日暮れまでには戻れないとのことでした。
萩丸城 平成18年4月24日 岡山県久米郡旭町 削平されているようだが土塁や空堀といったものはないようだった。
鬼山城 平成18年4月24日 岡山県久米郡中央町 北曲輪は2段に削平され西側に土塁があった。
鶴田陣屋 平成18年4月24日 岡山県津山市久米町桑上 桑村郵便局の北側にある丘にあり南側階段のところに石垣がある。
院庄城 平成18年4月24日 岡山県津山市神戸 作楽神社のあるところが館跡であり四方に堀と土塁が残されている。
神楽尾城 平成18年4月24日 岡山県津山市吉見 三の丸下に何本もの竪堀群があった。
岩屋城 平成18年4月24日 岡山県津山市久米町 畝状竪堀群の上から右手に迂回する細い道にはいると大堀きりがある。
篠向城 平成18年4月24日 岡山県真庭郡久世町 竪堀群があるはずだが雑木と雑草に隠れて確認できなかった。
勝山城 平成18年4月25日 岡山県真庭郡勝山町 登ってすぐのところに掘切がある。掘切は両斜面に竪堀となっていた。
鴻殖城 平成18年4月25日 岡山県真庭郡久世町 本丸は削平されているだけで、東側に堀切がある。
鷹ノ巣城 平成18年4月25日 岡山県苫田郡奥津町 林道の突き当たりに登山口がある。見上げるような一直線な道である。
矢筈城 平成18年4月25日 岡山県苫田郡加茂町 比高426m、鷹ノ巣城での疲れが残っており登る力は残っていない。
医王山城 平成18年4月25日 岡山県津山市吉見 本丸は北側と西側に土塁があり、石組みされていた。
黒目城 平成18年4月27日 岡山県勝田郡勝北町 本丸は城ノ畝配水池設備が占有しており、現在工事中でした。
大別当城 平成18年4月27日 岡山県勝田郡奈義町 尾根に沿った連郭式で南北に連なっている。本丸の先に掘切がある。
鎌倉山城 平成18年4月27日 岡山県勝田郡奈義町 登り口がわからない。
有元城 平成18年4月27日 岡山県勝田郡奈義町 三方に土塁と空堀をめぐらせ、特に南側は二重の空堀となっていた。
河内山城 平成18年4月27日 岡山県勝田郡勝田町 比高はたいしてないが竹林が密集しており入ることができない。
塀高城 平成18年4月27日 岡山県英田郡大原町 直登となるが、両足を負傷している身では断念せざるを得ない。
粟井中島城 平成18年4月27日 岡山県英田郡作東町鷺巣 本丸は枯れ竹に埋まっており定かでなかった。
利神城 平成18年4月28日 兵庫県佐用郡作用町 足の痛みをこらえ山上に着くと予想通り雲海が広がっていた。
平福陣屋 平成18年4月28日 兵庫県佐用郡作用町平福 道の駅「宿場町ひらふく」の左隣にあり駐車場となっている。
三日月陣屋 平成18年4月28日 兵庫県佐用郡三日月町 南東側にも虎口があり、ここにも石垣があった。
仁位山城 平成18年4月28日 兵庫県佐用郡上月町 林道突き当たりを200mほど戻ったところに畝状竪堀群がある。
上月城 平成18年4月28日 兵庫県佐用郡上月町 仁位山城とは国道373号線を挟んで向かい合っている荒神山にある。
丸山城 平成18年4月28日 兵庫県佐用郡上月町 神社から登れそうであったが車が停められないので北西側から直登する。
早瀬城 平成18年4月28日 兵庫県佐用郡上月町 早瀬白山公園として整備されているのは神社のところまでである。
福原城 平成18年4月28日 兵庫県佐用郡上月町 社の下に掘切があり堀底道として残されている。
飯の山城 平成18年4月28日 兵庫県佐用郡上月町 登り口がわからない。怪我人が直登できる比高ではなかった。
櫛田城 平成18年4月28日 兵庫県佐用郡上月町櫛田 神社の境内からヤブコキとなるが楽に進むことができる。
赤松氏館 平成18年4月28日 兵庫県赤穂郡上郡町 松雲寺が館跡である。南側に石垣が残されていた。
白旗城 平成18年4月28日 兵庫県赤穂郡上郡町 所要時間90分では日暮れまでに下山できないので断念する。
感状山城 平成18年4月29日 兵庫県相生市矢野町 本丸は削平されているだけであるが周囲に石垣をめぐらせている。
若狭野陣屋 平成18年4月29日 兵庫県相生市若狭野町 碑の傍にある竹ヤブの中に石垣と石塁・土塁が残されていた。
光明山城 平成18年4月29日 兵庫県相生市陸 西側の道がカーブしたところに掘切がありその先に畝状竪堀群があった。
安志陣屋 平成18年4月29日 兵庫県宍粟郡安富町 遺構はなく校門のところに大きな碑があるだけだった。
山崎城 平成18年4月29日 兵庫県宍粟郡山崎町 陣屋門が移築現存している。土塀と石垣は当時のものとのことであった。
篠ノ丸城 平成18年4月29日 兵庫県宍粟郡山崎町加生 一番広い曲輪の南側と西側に土塁と空堀がある。
長水城 平成18年4月29日 兵庫県宍粟郡山崎町 石垣の写真を撮っていると突然犬が飛び出し襲ってくる。
波賀城 平成18年4月30日 兵庫県宍粟郡波賀町 山頂には神社が祀られているだけで西側下に模擬天守が建っている。
福本陣屋 平成18年4月30日 兵庫県神埼郡神埼町 大歳神社が陣屋跡であり南側に回廊式庭園と築山が残されていた。
妻鹿城 平成18年4月30日 兵庫県姫路市飾磨区妻鹿 登山口はあるが足をケガしているので登ることができなかった。
妻鹿陣屋 平成18年4月30日 兵庫県姫路市飾磨区妻鹿 荒神社のあるところが陣屋跡らしい。
的形城 平成18年4月30日 兵庫県姫路市的形町的形 円光寺のあるところが城跡である。
高砂城 平成18年4月30日 兵庫県高砂市高砂町 高砂神社のあるところが城跡と推定されている。
小松原城 平成18年4月30日 兵庫県高砂市荒井町 三社大神社と大福寺のある周辺が城跡であるが遺構はない。
加古川城 平成18年4月30日 兵庫県加古川市加古川町 称名寺のあるところが城跡である。堀跡を思わせる溝が残されていた。
神吉城 平成18年4月30日 兵庫県加古川市東神吉町 上洛寺のある辺りが城跡であるが、残されている土塁がわからない。
叶堂城 平成18年4月30日 兵庫県三原郡西淡町 攻城2400城を達成する。石垣をバックに記念写真を撮る。
姫路城 平成18年5月1日 兵庫県姫路市本町 休養日であったが、ホテルの部屋掃除時間に散策する。
志方城 平成18年5月2日 兵庫県加古川市志方町 観音寺と志方小学校の周辺が城跡で、寺の境内が本丸とされている。
三木城 平成18年5月2日 兵庫県三木市上の丸町 南西側に櫓台があり南東側に天守台がある。その下に堀が残されていた。
金つるべ城 平成18年5月2日 兵庫県小野市昭和町 夢の森公園として整備され南側を除く周囲に土塁をめぐらせている。
小野陣屋 平成18年5月2日 兵庫県小野市西本町 小野小学校のあるところが陣屋であるが遺構はない。
岡城 平成18年5月2日 兵庫県小野市粟生町 北東側に削られて定かでないが土塁のようなものがある。
小堀城 平成18年5月2日 兵庫県小野市河合中町 新宮神社が城跡であり、周囲に土塁をめぐらせていた。
鳴尾山城 平成18年5月2日 兵庫県西脇市板波町 地域職業訓練センターの北東側にある山が城跡であり鉄塔が目印となる。
西脇城 平成18年5月2日 兵庫県西脇市下戸田 畑や宅地の造成によりわからなくなっていた。
大木城 平成18年5月2日 兵庫県西脇市大木町 登り口がわからない。
岩尾城 平成18年5月2日 兵庫県氷上郡山南町 南西側に虎口があり南東側に天守台があった。石垣が築かれている。
淡河城 平成18年5月3日 兵庫県神戸市北区淡河町 南側から西側にかけて空堀がある。南側の空堀には土橋がかかっていた。
岩屋城 平成18年5月3日 兵庫県津名郡淡路町 北側上に本丸があるが、雑木林になっている。
岩屋城 平成18年5月3日 兵庫県津名郡淡路町 淡路町に岩屋城が2城あり、美湯松帆の郷周辺にあると思われる。
一宮淡路城 平成18年5月3日 兵庫県津名郡一宮町 バッタモンのお城であった。
白巣城 平成18年5月3日 兵庫県津名郡五色町鮎原栢野 林道の至る所で崩落の修復工事が行われ駐車場も停められなかった。
炬口城 平成18年5月3日 兵庫県洲本市炬ノ口 西側に登り口がありそうだったが、我がカーナビは誘導不能であった。
養宜館 平成18年5月3日 兵庫県三原郡三原町 東門の両側に高土塁が残され、西側にある土塁の上に碑が立っている。
兵庫城 平成18年5月3日 兵庫県神戸市兵庫区切戸町 中央卸売市場のあるところが城跡であるが遺構はない。
鷹尾城 平成18年5月3日 兵庫県芦屋市城山 何も残されていないとのことだったのであえて登らなかった。
越水城 平成18年5月3日 兵庫県西宮市桜谷町 大社小学校周辺が城跡であるが宅地化により遺構は残されていない。
瓦林城 平成18年5月3日 兵庫県西宮市日野町 日野神社のあるところが城跡であるが、碑があるだけであった。
富松城 平成18年5月4日 兵庫県尼崎市富松町 宅地化により消滅状態にあるが北西隅に土塁の一部が残されている。
塚口城 平成18年5月4日 兵庫県尼崎市塚口本町 正玄寺が城跡であるが山門が、閉まっており境内はわからなかった。
山下城 平成18年5月4日 兵庫県川西市山下 途中で3匹の熊ん蜂が防衛戦を張っており通ることができない。
八上城 平成18年5月4日 兵庫県篠山市八上内 本丸の北東側段差部に石垣が組まれている。南東側下に大堀切りがある。
余野城 平成18年5月4日 大阪府豊能郡豊能町余野 城山高校のあるところが城跡であるが遺構は残されていない。
刀根山砦 平成18年5月4日 大阪府豊中市刀根山元町 常楽寺が砦跡であるが遺構は残されていない。
麻田藩陣屋 平成18年5月4日 大阪府豊中市螢池中町 中央市場周辺が陣屋跡であるが市街地化により遺構は残されていない。
原田城 平成18年5月4日 大阪府豊中市曽根西町 原田小学校の東150mのところにあり、宅地化により消滅していた。
野田城 平成18年5月4日 大阪府大阪市福島区玉川 駅前銀行の前に碑があるとのことだが、駅前に銀行などなかった。
佐太陣屋 平成18年5月4日 大阪府守口市佐太中町 来迎寺が陣屋跡であり、山門が閉まっていたので定かでない。
交野城 平成18年5月4日 大阪府交野市私部 交野郵便局の向かい側にある。宅地化や農地化により遺構はない。
田原城 平成18年5月5日 大阪府四条綴市上田原 宅地化や阪奈サナトリュームの造成により定かでなくなっていた。
飯盛山城 平成18年5月5日 大阪府大東市野崎 北側と南側にあるコブの高さは同じでありどっちが主郭かわからない。
城岸寺城 平成18年5月5日 大阪府南河内郡美原町 城岸寺のあるところが城跡であるが遺構は残されていない。
白木陣屋 平成18年5月5日 大阪府南河内郡河南町 東側に石垣が残されている。長屋門が移築されていた。
上赤坂城 平成18年5月5日 大阪府南河内郡千早赤阪町 本丸は雑草に埋まり定かでなかったが、南北両端に腰曲輪があった。
二河原辺城 平成18年5月5日 大阪府南河内郡千早赤阪町 、山裾を取巻くコンクリートの壁と民家により登ることができなかった。
龍泉寺城 平成18年5月5日 大阪府富田林市龍泉 かんぽの宿富田林のところが城跡であるが、遺構はなくなっていた。
西代陣屋 平成18年5月5日 大阪府河内長野市西代町 永野小学校から中学校にかけてあったが、宅地化により遺構はない。
堺台場 平成18年5月5日 大阪府堺市大浜北町 東側の土塁は腰巻き土塁となっており、下部に石垣が組まれていた。
狭山陣屋 平成18年5月6日 大阪府堺市神明町東 本願寺堺別院のあるところが陣屋跡であるが、遺構らしきものはない。
東村砦 平成18年5月6日 大阪府堺市百舌鳥梅町 定ノ山古墳のあるところが砦跡である。周辺は宅地化されていた。
小谷城 平成18年5月6日 大阪府堺市豊田 老人ホームのところに階段があるが、登城禁止のチェーンが張られていた。
伯太陣屋 平成18年5月6日 大阪府堺市豊田 小谷城郷土資料館のあるところが陣屋跡である。
小谷殿古城 平成18年5月6日 大阪府堺市豊田 伯太陣屋の北東側に碑が立っているだけであった。
綾井城 平成18年5月6日 大阪府高石市綾園2丁目 専称寺が城跡であり東側山門前に石橋の架かった堀の一部が残されていた。
真鍋城 平成18年5月6日 大阪府泉大津市神明町 南溟寺が城跡であるが遺構はなく本堂前に碑があった。
刈田城 平成18年5月6日 大阪府泉大津市池浦町 穴師小学校のあるところが城跡であるが遺構はない。
葛葉城 平成18年5月6日 大阪府和泉市葛の葉町 葛之葉稲荷神社が城跡であり、北東側に土塁と空堀が残されている。
雨山城 平成18年5月6日 大阪府泉南郡熊取町 登り口が見つからない。
長藪城 平成18年5月7日 和歌山県橋本市慶賀野 傘をさして登るにはつらいものがあったので断念し退却する。
岩倉城 平成18年5月7日 和歌山県橋本市隅田町 登り口に向かう道の入り口が閉鎖されており近づくことができない。
霜山城 平成18年5月7日 和歌山県橋本市隅田町 果樹園となっており周囲に土塁と空堀をめぐらせている。
岡山城 平成18年5月7日 和歌山県橋本市隅田町 果樹園となっており遺構は残されていないようだった。
銭坂城 平成18年5月7日 和歌山県橋本市橋本 宅地化によりほぼ消滅状態にある。かろうじて本丸だけが残されていた。
名倉城 平成18年5月7日 和歌山県伊都郡高野口町 JR高野口駅の北西側が城跡と思われる。昭生川が堀の役目をしていた。
塙坂氏館 平成18年5月7日 和歌山県伊都郡高野口町 宅地化により完全消滅していた。
高坊氏館 平成18年5月7日 和歌山県伊都郡高野口町 ここも宅地化により消滅していた。
小田氏館 平成18年5月7日 和歌山県伊都郡高野口町 蛭子神社の北西側に館跡があると思われるが定かでない。
根来寺城 平成18年5月7日 和歌山県那賀郡岩出町 根来寺が城跡であるが、資料がないので遺構があるのかないのかわからない。
山口御殿 平成18年5月7日 和歌山県和歌山市里 山口小学校・遍照寺周辺が御殿跡であるが、遺構は見当たらなかった。
中野城 平成18年5月8日 和歌山県和歌山市中野 貴志南小学校の南東側にあり、南側に標柱と説明板がある。
木本城 平成18年5月8日 和歌山県和歌山市木ノ本 民家に守られており、登り口がない。
秋月城 平成18年5月8日 和歌山県和歌山市秋月 マ○ドナ○ドとホームセンターの間にあったが畑となっていた。
カゴバ台場 平成18年5月8日 和歌山県和歌山市雑賀崎 登り口が見つからなかったので、海側最先端にある岩場から直登する。
弥勒寺山城 平成18年5月8日 和歌山県和歌山市秋葉町 山頂は2段に削平され、南東側低い方の東側に土塁がある。
雑賀城 平成18年5月8日 和歌山県和歌山市和歌浦中 妙見堂の裏側から幅40cm高さ130cmほどの石塁が延々と続いていた。
大野城 平成18年5月8日 和歌山県海南市山田 山頂は3段に削平されており最高所の第1曲輪は南側に土塁がある。
藤白城 平成18年5月8日 和歌山県海南市下津町 大野城の西方600mほどのところにあり、同じ尾根上にある。
地蔵峰城 平成18年5月8日 和歌山県海南市冷水 地蔵峰寺が城跡と思われるが定かでない。
鳥屋城 平成18年5月9日 和歌山県有田郡金屋町 東側先端の北側に土塁らしいものがある。その下に堀切があった。
広城 平成18年5月9日 和歌山県有田郡広川町 民有地とわかっている以上許可無く登ることはできない。
池田城 平成18年5月9日 和歌山県日高郡日高町 尾根上に2本の竪堀があり、竪堀は上と下で1本に絞られていた。
鞍賀多和城 平成18年5月9日 和歌山県日高郡日高町 石垣や空堀が確認できなかった。どうやら間違えたらしい。
入山城 平成18年5月9日 和歌山県日高郡美浜町 傘をさして登れる山ではなかった。
金子城 平成18年7月15日 神奈川県横浜市港北区篠原町 新幹線新横浜駅の近くに残されていたのが驚きだった。
大豆戸城 平成18年7月15日 神奈川県横浜市港北区大豆戸町 八杉神社が城跡であるが、宅地化により遺構は消滅している。
大曽根城 平成18年7月15日 神奈川県横浜市港北区太尾町 隆昌院のところが城跡でが、宅地化により遺構は消滅している。
獅子ヶ谷城 平成18年7月15日 神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷町 史跡横溝家の裏山が城跡であるが、遺構らしき物は見あたらない。
寺尾城 平成18年7月15日 神奈川県横浜市鶴見区馬場 市街地の中にかろうじて遺構が残されていた。
諏訪坂館 平成18年7月15日 神奈川県横浜市鶴見区諏訪坂 宅地化により館跡はその面影もないが、南東側麓に説明板がある。
潮田館 平成18年7月15日 神奈川県横浜市鶴見区汐入町 光永寺のあるあたりが館跡であるが、宅地化により遺構は消滅している。
愛甲城 平成18年7月22日 神奈川県伊勢原市石田 円光寺の裏にあり、遺構らしき物は見あたらなかった。
丸山城 平成18年7月22日 神奈川県伊勢原市下槽屋 国道246号線により分断、城域の一郭に高部屋神社がある。
岡津古久城 平成18年7月22日 神奈川県厚木市岡津古久 尾根筋に堀切があり、主郭の手前にも堀切が認められる。
七沢城 平成18年7月22日 神奈川県厚木市七沢 七沢リハビリテーションセンターのあるところが城跡である。
上杉館 平成18年7月22日 神奈川県伊勢原市上粕屋 上粕屋神社から産能大にかけてが館跡とされる。
草路城 平成18年8月4日 京都府京田辺市草内宮ノ後 周囲に濠をめぐらせており、土塁跡がわずかに残されていた。
稲八妻城 平成18年8月4日 京都府相楽郡精華町南稲八妻 京奈和自動車道によって分断されていた。
狛城 平成18年8月4日 京都府相楽郡山城町上狛 法蓮寺の南西側に堀の一部が残されていた。
椿井城 平成18年8月5日 京都府相楽郡山城町 天上山古墳が城跡で、JR奈良線によって分断されていた。
今城 平成18年8月5日 京都府相楽郡山城町 和泉寺の南側にある山にあり、神社の後ろに堀切がある。
鹿背山城 平成18年8月7日 京都府相楽郡山城町 「城郭研究者セミナー」のオプションに参加。
亀山城 平成18年8月11日 広島県庄原市東城町 東側下に縦横に走る空堀があった。
飛田城 平成18年8月12日 広島県庄原市東城町 道は倒木や雑草に埋まっていた。中腹に碑がある。
五品嶽城 平成18年8月12日 広島県庄原市東城町 天満宮の鳥居をくぐり、世直神社の左手に登山道がある。
蟻腰城 平成18年8月12日 広島県庄原市西城町 舌状台地の先端にあり、背後を堀切っていた。
大富城 平成18年8月12日 広島県庄原市西城町 尾根筋に堀切や空堀があるようだが、確認できなかった。
蔀山城 平成18年8月12日 広島県庄原市高野町 本丸近くでヤマカガシに撃退される。
黒岩城 平成18年8月12日 広島県庄原市高野町新市 登山口は見つけたが日没が迫っており、登らなかった。
比熊山城 平成18年8月13日 広島県三次市三次町 どこかにあるはずなのだが登り口がわからない。
尾関山城 平成18年8月13日 広島県三次市三次町 本丸にはまるで天守でもあるかのように展望台がある。
沼之城 平成18年8月13日 広島県三次市十日市町 水道設備らしい物が道路を遮断しており近づけない。
比叡尾山城 平成18年8月13日 広島県三次市十日市町 近くを林道が通っているはずだがカーナビが認知しない。
甲山城 平成18年8月13日 広島県庄原市本郷町 三ノ丸の下に竪堀のようなものがあり、その下に堀切があった。
南山城 平成18年8月13日 広島県三次市和知町 北西側に空堀が残されていた。
高杉城 平成18年8月13日 広島県三次市高杉町 知波夜比古神社が城跡であり周囲に土塁と堀をめぐらせていた。
赤城城 平成18年8月13日 広島県三次市高杉町 登り口がわからない。
南天山城 平成18年8月13日 広島県三次市高杉町 本丸はほとんど倒木と雑草に埋まっていた。
陣山城 平成18年8月13日 広島県三次市吉舎町 車でヤブコキして進みなら城跡に向かう。
奥尾城 平成18年8月13日 広島県三次市吉舎町 登り口がわからず里人に聞いても「ない」の一言だった。
翁山城 平成18年8月14日 広島県府中市上下町 斎場脇に登山口があり車で山頂まで登ることができる。
鳶ヶ丸城 平成18年8月14日 広島県世羅郡世羅町 道がわからず近づくことができなかった。
赤城 平成18年8月14日 広島県世羅郡世羅町 単郭で西側に土塁があり南端が櫓台のようになっていた。
山手城 平成18年8月14日 広島県世羅郡世羅町 以前ここを直登したはずなのでパスする。
今高野山城 平成18年8月14日 広島県世羅郡世羅町 三ノ丸に天守閣を模した展望台がある。
沼城 平成18年8月14日 広島県世羅郡世羅町 甲山警察署南交差点のところにあり現在は民家となっている。
小世羅城 平成18年8月14日 広島県世羅郡世羅町 登り口がわからず断念する。
福山城 平成18年8月15日 広島県福山市丸の内 ホテルのチェックインまでの時間つぶしに散策する。
戸屋丸城 平成18年8月16日 広島県世羅郡世羅町 小田川が大きく蛇行しており三方を囲んでいる。
木之上城 平成18年8月16日 広島県深安郡神辺町 雑木林のため困難が予想され直登を断念する。
粟根城 平成18年8月16日 広島県福山市加茂町 裾野がコンクリートで固められて登ることができない。
志川滝山城 平成18年8月16日 広島県福山市加茂町 登山口が見つからず直登できる比高でもないので断念する。
泉山城 平成18年8月16日 広島県福山市加茂町 中腹に堀切や竪堀があるらしいが確認できなかった。
原城 平成18年8月16日 広島県福山市加茂町 一本道の道路が通行止めで近寄ることができない。
桜山城 平成18年8月16日 広島県福山市加茂町 吉備神社とその裏山全体が城跡であった。
八ッ尾城 平成18年8月17日 広島県府中市出口町 府中天満宮の右手に登山口があった。
幡立山城 平成18年8月17日 広島県府中市出口町 城名のいわれとなる旗をさした穴が掘られていた。
小林山城 平成18年8月17日 広島県府中市出口町 主郭は削平され合併神社が祀られているだけだった。
楢崎城 平成18年8月17日 広島県府中市久佐町 堀切や竪堀と興味ある城跡だが登り口がわからない。
実竹城 平成18年8月17日 広島県府中市久佐町 縄張り図とわたしの感覚が90度ずれているらしい。
尾首城 平成18年8月17日 広島県世羅郡世羅町 日没を過ぎており、林の中は暗くなっていたので断念する。
山口城 平成18年8月18日 広島県世羅郡世羅町 前回訪れたときとは様変わりしていた。
久代城 平成18年8月18日 広島県世羅郡世羅町 西側に堀切があり西郭と掘り割りされていた。
宮地城 平成18年8月18日 広島県世羅郡世羅町 削平地しかないとのことであり直登しなかった。
宇根城 平成18年8月18日 広島県世羅郡世羅町 雨が降り出したので直登を断念する。
砂走城 平成18年8月18日 広島県世羅郡世羅町 遺構もないとのことだったのであえて直登しなかった。
高山城 平成18年8月18日 広島県世羅郡世羅町 直登するには距離がありすぎるので断念する。
早山城 平成18年8月18日 広島県世羅郡世羅町 「70年前なら道はあったが今はない。」とのことでした。
安田城 平成18年8月18日 広島県世羅郡世羅町 主郭は雑草に埋まっていた。
田屋丸城 平成18年8月18日 広島県世羅郡世羅町 東側から直登。主郭をヤブコキ北側下に畝状竪堀がある。
茶臼城 平成18年8月18日 広島県世羅郡世羅町 後輪が竪堀に脱輪。脱出ならず夜を迎える。
茶臼城 平成18年8月19日 広島県世羅郡世羅町 虎口から西側にかけて畝状竪堀。攻城2500城達成
松本土居屋敷 平成18年8月19日 広島県世羅郡世羅町 民有地だったので探索はしなかった。
植永土居屋敷 平成18年8月19日 広島県世羅郡世羅町 ここも民有地のようだったのでパスする。
堀之岡城 平成18年8月19日 広島県世羅郡世羅町 山頂は削平され社が祀られているだけだった。
黒川明神山城 平成18年8月19日 広島県世羅郡世羅町 世羅西中学校のところに道があるが、「車両通行止め」
黒川城 平成18年8月19日 広島県世羅郡世羅町 雑木林に隠れて空堀を確認することができなかった。
火野目山城 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 「子供の頃はあったが今はない。」とのことでした。
浦壁城 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 独立丘とのことだが縄張り図と異なり確信が持てない。
福井土居屋敷 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 西太田小学校の校門左手に土塁と空堀が一部残されている。
山口城 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 民家となっていた。北側にある石垣は遺構だろうか?
久留毘城 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 直登となるが削平地があるだけなので登らなかった。
平井城 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 昨夜の雨で木の葉が濡れていたので直登を断念する。
本の井城 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 暑さのせいか気力がなく直登する気になれなかった。
高橋土居屋敷 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 民家となっているので土塁の確認ができなかった。
渡辺土居屋敷 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 宅地や田んぼの造成により消滅したものと思われる。
岩熊山城 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 上段東側にある二本の竪堀は確認することができた。
妙見山城 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 登り口がわからない。
狐城 平成18年8月20日 広島県世羅郡世羅町 十字路を右手100mほど進んだところに堀切があった。
滑城 平成18年8月20日 広島県三原市久井町 登り口が見つからない。下から土砂採掘の被害が伺われる。
堀越城 平成18年8月20日 広島県三原市久井町 北側に堀切があり土塁が北方に延びていた。
稲村山城 平成18年8月21日 広島県三原市小坂町 主郭の東側はるか下に堀切があるらし。
鶴山城 平成18年8月21日 広島県三原市長谷町 配水設備があり山頂下の帯曲輪までしか登れない。
頼兼城 平成18年8月21日 広島県三原市頼兼 新幹線の造成や宅地化により完全に消滅していた。
桜山城 平成18年8月21日 広島県三原市桜山町 かなり魅力的ではあるが、帰路時間がきており断念する。
城ヶ平山城 平成18年8月21日 広島県三原市中之町 尾根の先端を堀切っていることが下から見てもわかる。
猿掛城 平成18年8月21日 広島県三原市中之町 駐在所の北東350mほどのところにある。
前土居山古城 平成18年8月21日 広島県三原市中之町南 県道55号線を挟んで猿掛城と向き合っている。
医王山城 平成18年8月21日 広島県三原市深町 三原深町郵便局の南300mのところにある。
古城山城 平成18年8月21日 広島県尾道市木ノ庄町 尾道ICの手前にある木頃小学校の裏山にある。
唐沢山城 平成18年9月30日 栃木県安蘇郡田沼町 唐沢山で食べたマツタケは国内産ではなかった。
佐野城 平成18年9月30日 栃木県佐野市若松町 時間が余ったので立ち寄る。
大和田陣屋 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市見沼区大和田町 周囲に土塁が残されている。
寿能寺城 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市大宮区寿能町 寿能公園となっているが遺構なし。
伊達城 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市北区見沼 農地造成により消滅していた。
土呂陣屋 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市北区土呂町 土塁の一部が残されている。
中丸城 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市見沼区南中丸 周辺は宅地が進行中であり遺構は消失。
落合陣屋 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市中央区下落合 東光寺辺りが陣屋跡であるが遺構はない。
真鳥山城 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市桜区西堀 ここも宅地化により消滅していた。
宿の城 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市桜区宿 宅地化により遺構は消失ものと思われる。
円阿弥陣屋 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市中央区円阿 宅地化により消滅したものと思われる。
大成館 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市大宮区大成町 晋門院が館跡であるが遺構は見当たらない。
土屋陣屋 平成18年10月28日 埼玉県さいたま市西区土屋 周囲に濠をめぐらせていた。
大堀山城 平成18年10月28日 埼玉県川越市下広谷 周囲に二重三重の空堀をめぐらせていた。
広谷宮前城 平成18年10月28日 埼玉県川越市下広谷字宮前 土塁や空堀が残されている。
広谷北城 平成18年10月28日 埼玉県川越市下広谷字宮前 濠に阻まれ立ち入ることができなかった。
西光寺城 平成18年10月28日 埼玉県坂戸市塚越 西光禅寺が城跡であり土塁・空堀が残されている。
勝呂屋敷 平成18年10月28日 埼玉県坂戸市石井 宗福禅寺が屋敷跡。
小代館 平成18年10月28日 埼玉県東松山市正代 青蓮寺が館跡であるが遺構は確認できなかった。
高坂館 平成18年10月28日 埼玉県東松山市高坂高済寺 高済寺が館跡であり、西側に見事な空堀がある。
野本氏館 平成18年10月28日 埼玉県東松山市高坂 隣接する将軍塚古墳は物見台ではないかと思われる。
松戸城 平成18年11月20日 千葉県松戸市松戸 早朝のため入城叶わず。
相模台城 平成18年11月20日 千葉県松戸市岩瀬 法務局と公園の間にある坂道が竪堀の名残ではないかと思われた。
根本城 平成18年11月20日 千葉県松戸市根本 松戸市役所のあるところが城跡であるが遺構らしきものはなかった。
上本郷館 平成18年11月20日 千葉県松戸市上本郷 風早神社のあるところが館跡である。参道脇にある土塁は遺構か?
上本郷城 平成18年11月20日 千葉県松戸市上本郷 本覚寺のある山が城跡であるが宅地化により遺構はなかった。
千駄堀館 平成18年11月20日 千葉県松戸市千駄堀 残されていたとされる土塁も削平されていた。
中根城 平成18年11月20日 千葉県松戸市中根 阿房須神社の辺りにわずかながらそれらしい雰囲気があった。
馬橋龍房山城 平成18年11月20日 千葉県松戸市八ヶ崎 市街地化により完全に消滅してしまったものと思われる。
馬橋城 平成18年11月20日 千葉県松戸市三ヶ月 、宅地化により遺構はなくなったものと思われる。
小金城 平成18年11月20日 千葉県松戸市大谷口 畝堀の堀底障壁が消失しかかっていたのが残念だった。
根木内城 平成18年11月20日 千葉県松戸市根木内 水戸街道により城跡が二分されていた。
行人台城 平成18年11月20日 千葉県松戸市久保平賀 宅地造成により消滅してしまっていた。
本能城 平成18年12月2日 千葉県茂原市本納 シンポジュームの時間が迫っており、ほとんど探索できなかった。
泉城 平成18年12月3日 茨城県笠間市泉 連郭式山城で、堀切によって区割りされている。
難台山城 平成18年12月3日 茨城県笠間市上郷 難台林道から入ったがオフロード用4駆車以外入らぬ方がよい。
真壁城 平成18年12月3日 茨城県真壁郡真壁町古城 本丸虎口周辺の発掘調査の見学説明会に参加。。
亀熊城 平成18年12月3日 茨城県桜川市真壁町亀熊 主郭部に空堀が残されていた。
諏訪城 平成18年12月24日 埼玉県秩父市山田 虎口の土塁が残され右手に横矢が掛かった折りが入っていた。
贄川城 平成18年12月24日 埼玉県秩父市荒川贄川 平成16年に発見されたもので、現地説明会があった。
根古屋城 平成18年12月24日 埼玉県秩父市横瀬町横瀬 本丸の大半が採石により消失していた。
竜ヶ谷山城 平成18年12月24日 埼玉県入間郡毛呂山町阿諏訪 鶴ヶ島GCの中にあるが、神社への道は公道となっている。
旧二条城 平成18年12月29日 京都府京都市上京区近衛町 碑があるらしいので写真を撮りに立ち寄る。
高山城 平成18年12月29日 奈良県生駒市高山町 北側に何台かのダンプが停まっているところが登城口である。
北田原城 平成18年12月30日 奈良県生駒市北田原 本丸には送電用鉄塔が立っており東側に土塁が残されていた。
椿井城 平成18年12月30日 奈良県生駒市高山町 ツタの絡まった笹藪ほどやっかいなものはない。
若槻環濠集落 平成18年12月30日 奈良県大和郡山市若槻町 環濠はコンクリートで補強した用水路のようになっていた。
鬼薗山城 平成18年12月30日 奈良県奈良市高畑町 奈良ホテルのあるところが鬼薗山城跡である。
西方院山城 平成18年12月30日 奈良県奈良市高畑町 奈良ホテルの道路を隔てたところに西方院城跡がある。
畑城 平成18年12月31日 奈良県山辺郡山添村春日 本丸のすぐ下の曲輪に土塁があり、その下に堀切があった。
桃香野城 平成18年12月31日 奈良県奈良市月ヶ瀬桃香野 宅地化が進み曲輪という曲輪にはすべて民家が建っていた。
菅生城 平成18年12月31日 奈良県山辺郡山添村菅生 主郭の周囲に竪堀群があるがヤブの中にあり写真に撮れない。
貝那木山城 平成18年12月31日 奈良県山辺郡都祁村 4つの山のうちのどの山が城山かわからなかったので断念。
南之庄城 平成18年12月31日 奈良県奈良市都祁南之庄 数え切れないほどのトゲが刺さっており血だらけになっていた。
福住中定城 平成18年12月31日 奈良県天理市福住字中定 T郭の虎口の両側に土塁が認められた。
長谷城 平成18年12月31日 奈良県奈良市長谷町 直登となるが日暮れまでに戻ることはできそうになく断念。

to top page
inserted by FC2 system